世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先日参加してきたマガジン杯。悔しい思いをしました(涙)そんなマガジン杯の写真がサッカーマガジンのHPに掲載されていました!いつのまにそんなに撮影していたのか!?と思うくらい、いろんな対戦の写真がありました。基本的にプレーしている最中のもので、連続写真になっているものもあって、なかなか面白かったです☆

僕の写真も掲載されていて、殆どがキックの連続写真でした。パントキックもプレスキックも両方あったので、自分がどういうフォームで蹴っているのかよくわかりました。我ながら、やはりプレスキックのバランスはいい(笑)なんてのはほんの冗談で、まだまだ改善の余地はありそうでした。
この写真はうちのチームの写真の一枚です!試合開始前の円陣の様子です。僕の顔はかくれてます(笑)このチームで日本一を目指しているわけです!
e0054123_1511335.jpg

この写真の全容を見たいという方は、サッカーマガジンのHPから、サッカーマガジン3大大会2005という所をクリックし、オープン大会・写真というところに行ってください!そうしたら、パスワードを聞かれるので、「megmilk」と入力します!そうしたら見られます!ちなみに、僕のチームがどれで、どれが僕か特定できれば、ぼくの顔がアップ状態になってるので、このブログの持ち主の顔がばれます(>_<)別に隠すもんでもないので、どうぞ興味有るひとは見てください!どうしようもなく不細工ですけどね(笑)でも、ぼくは自分の写真は全てファイルに保存しました(笑)思い出ですから!
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-30 02:03 | 今日の出来事
今日はチームとしても、セットプレーの練習に入るなど、細かい部分のつめ段階まできました。いよいよです!

GK練習も重点をシュートストップに切り替えました。また木曜はどうやらグラウンドが早めから使えるようなので、早出して、チームより先に動き出しました。練習は次の通りです。

☆基本練習☆
正面キャッチ 5種類  コーン使用
ハイボール  3種類  
セービング  短い距離

☆応用練習☆
クロスボール   巻いてくるボールに対しての飛び出し

シュートストップ
・ポジショニングを重視
1:左右3セット
2:横パスを入れてからの移動→ポジション修正してシュートストップ 2セット

セットプレー


といった中身の濃い練習でした。練習に入る前の意識付けとして、これからは常に試合を想定して練習に取り組むということを確認しました。本数を減らす代わりに最大集中して質を高め、試合中に練習でやったことをそのまま出せるようにすることがこれからは必要になってきます。

シュートストップで今後の課題となったのは、「ストップして反応する」ということでした。長年の癖から、相手のモーションを見て予測して動き出すという場面が多く見られ、逆に飛んでしまうことや、高さが合わないことがありました。ここは予測ではなく、しっかりストップして、重心を均一に保つことが重要です。この部分を修正していこうと思います。
また、しっかりとポジショニングを確認し、適切なポジションをとるということが大切になってきます。ポストの位置を確認して、ニアサイドをきちんと切りシュートをストップする。この二つが融合できれば、そうそうゴールは許さないはずです。

残り期間はあとわずかです。気合い入れて少しでも成長し、チームに貢献したいです!
  
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-30 00:07 | サッカー
今日は不運なことに、サッカーの練習とゼミの時間がかぶりました。以前からこの事態に気付いていた僕は、いったいどうしたものかと悩みに悩みました。そりゃあもう悩みました。

2日前まではサッカーに行くつもりが8割を占めていました。しかし、言い訳を考えようにも考えつかない…風邪ひいたなんて僕の場合はまず間違いなく通用しません。普段元気すぎて誰も信じてくれません。

どうしたものか…悩んだすえに、ぼくはゼミに行くことにしました。やることはしっかりやらないと、運まで逃げていく気がしたので。それに、なにより発表者に悪いですからね…あの資料作るのすごい大変なんですよね(・・)僕はあと2ヶ月先なので、いつもみたく直前でひーひー言わないように準備するつもりです。

さて、今日の練習に行けなかったので、明日は今日の分まで取り返せる位の練習をしたいと思います!明日は自分をいじめていじめていじめ抜きます!

さてさて、話は全く変わります。今日の放課後、ある知人の恋愛話を聞きました。喧嘩したんだなって一発でわかりました。教室から出た次の瞬間から半べそだったので。話を聞いてみますと、う~ん…て感じで、基本的に聞くだけにしました。僕はアドバイスなんて気のきいたことできないし、恋愛経験がゼロに等しいので、アドバイスなんてむしろ失礼に当たると思ってるので(^^;)

感想としては、難しいんだな恋愛って…ってつくづく感じました。いくら恋人だって言っても、違う人間である以上、合わないところだって絶対出てくると思うんです。そこでお互いがお互いをいかに思いやれるか。はたまた妥協できるか…考えただけで…これ以上はいえない。でもなんだかちょっとうらやましかったです。面倒臭いなんて言ってはいましたが、そいつはなんだかんだ言ったって彼氏のことが好きで、たぶん向こうだってそれは同じでしょう。だからこそ喧嘩だってするのかな。なんて思いながら聞いてました。そんな相手がいるなんて、うらやましいですよね~(>_<)いつかそんな人に出会えたらな~なんて思ってしまう今日この頃でした☆
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-29 01:24 | 今日の出来事

スキン変更!

季節はいよいよ秋であります!今までのは「春」をイメージしたものだったので、ここで気分を一新し、「紅葉」にしてみました。

久しく紅葉を生で見ていない気がします。綺麗な紅葉が見たくなりました。

この日記も始めてから一ヶ月以上たちました。我ながらよく続いているなと思います。

レポートを確かめると、いままでに170の人がこの一ヶ月で見に来てくれたみたいです。もちろん重複してる場合があるので、のべ人数はわかりませんが、とても有り難いことです。

当初は見てもらう目的ではなく、ただ練習をやっただけで終わらせないで、しっかり反省して次に生かそうと思っていただけでした。まさか他の人に見てもらえるなんておもってませんでした。
冷静に考えれば、これだけのネットワークなんだから、どっかしらでヒットしますよね。

でも、このなんの変哲もなく、ただ甘っちょろいだけの大学生のブログをみに来てくださっているひとがいるというのは大変嬉しく、また有り難いです。これからもよろしくお願いしますm(__)m

初めて見にきてくれた方や、見てたけどまだコメントしたことないという人は、ぜひコメントを下さい!内容はなんでもいいんで!してくれると嬉しいです!
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-28 01:59 | 徒然日記

9/27 体育の授業前

不思議な出来事というのは突然訪れるものですね。今日こんな出来事がありました。

4限の体育のため、僕は着替えを済ませ、グラウンドへと向かいました。その途中です。一人の小学生に突然声をかけられたのです。

少年 「その靴サッカーシューズ?」
僕  「うん、そうだよ(^^)」
少年 「俺も持ってるよ。」
僕  「そっかー、サッカーやってるの?」
少年 「うん。」
僕  「どこやってるの?」
少年 「まだ決まってないんだ」
僕  「へ~、キーパーなんてどう?お兄ちゃんキーパーなんだよ。」
少年 「キーパーやってる奴はいるんだ。すごいうまいんだよ」
僕  「そうなんだ~…」
言い終わらうちに分岐点へ
少年 「じゃあね~」
僕  「おう、気をつけてね」

なんていう時間にして1分もないくらいのやりとりがありました。大学の敷地内になぜ小学生がいたのかわかりませんが、なんだかいい気分になれました。
まさか小学生の方から声をかけてくるなんて思いませんでしたし。サッカーシューズを履いている人に仲間意識をもったのかもしれません。第一印象が決して良くない僕なので、声をかけてもらえたのが嬉しくもありました(^^)ボランティアの時はそれなりに意識してるので怖がられたりしないし、有り難いことにむしろなつかれる僕ではありますが、過去、大学内では「最初は取っつきにくかった」と何度言われたことか…それくらい怖い印象を与えるみたいです。にもかかわらずですよ!改善されたのかな?この第1印象最悪のイメージは。

どうせだから第1印象についてちょっと。
僕の第1印象は上記の通りです。サークルの仲間にも、ゼミはおろか学科の友達にさえも仲良くなったら、実は…みたいな感じで、必ずと言っていいほど言われてきました。例外は大人に対してです。調子のいい僕は、さかのぼること小学生時代から先生には気に入られてきました。中学・高校も同様でした。別にいい子を気取っていたわけではありません。反抗する時は反抗してきました。言葉遣いはきちんとしてですが。バイトにしてもそうです。もちろん、バイトの面接なのでそれなりに意識はします。はきはきしようだとかその程度は。でも、その後も店長や社員さんにはかわいがってもらってきました。現在のバイトも含めて過去3回とも例外はありません。

もはやこれは自分の武器であると自覚しています。何でだかしらないが、気に入ってもらえる。これは就職活動でも、どっかしらで威力を発揮する気がします。てか、発揮してもらわないとこまります。

それが、友達となると話が変わってくるんですね…ぼくはもともとかなりの人見知りであるというところに原因はあるでしょう。自分で意識はまったくしてないのですが、初対面の時は怒ってるふうに見えて怖かったらしい…いまでは怒っても怖くないということまでおまけに添えられて。最近ではサークルのおかげで多少改善はされたと思うんですがね(^^;)

でも、結局ふたを開けてみたらこんな奴なので、わりかし印象は好転するみたいです。そりゃそうですよね。最初落ちるとこまで落ちてるんですから(笑)あとは上がるだけです。もちろん中には僕のことが苦手、ないし嫌いという人はいるでしょうけどね。人間関係なんで。

それでも、僕は友達には本当に恵まれてると思います。いい人たちに必ず巡り会えるんです。何故か。これはほんとうに巡り合わせが良いんだと思います。運良すぎですよ本当に。かなり有り難い(;_;)小・中・高といまだつきあいのある奴もいるし、大学では、サークル、学科、ゼミという、大学生活の基礎となる場所で仲間に恵まれ、今では浪人して、センター試験に失敗し、W大に返り討ちにあったことに対しても感謝すらしています。偶然のすごさですよねこれって。

例えば大学に限っていえば、60万いた受験生が、この大学を受験しようと思う確率もかなり低い。その中で受かってくる確率はまた低く、他の大学とのかねあいもあるから、入学してくる確率もまた低くなる。サークルにかんしてはさらに確率が低くなります。入学者の中でサッカーやってるやつがどのくらいいて、愛好会に入る奴がそこからどれくらいいるかなんて、ものすごい確率です。しかも、僕の場合浪人してるわけですよ。浪人してなかったら今の仲間とは会ってないかもしれないわけです。サークルはともかく、学科なんて間違いなく会ってなかったわけですよ。そう考えたら人間の縁て本当に不思議ですよね。そんな中でいいとこ取りしかしてない僕はなんて幸せものなんだろうとおもいます(>_<)だから出会いは大切にしたいですね☆
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-28 01:33 | 今日の出来事
今日、サークルの練習日とバイトのシフトが決定しました。リーグ戦が始まる週からは、週4でサッカー、週3でバイトという鬼日程…趣味の映画に時間を割いてる暇なんてなさそうです(;_;)今読んでいる小説もなかなか読み進められないし…通学の間にしか時間がないってのもありますが、本当に時間がないわけじゃない…仲間が集まるサークルのたまり場に行くと、つい彼らと話しこんでしまい、気付いたらバイトの時間みたいな。主体性がないったらありゃしない。裏をかえせば、毎日でも会って話したくなる仲間に恵まれてるとも捉えられるんですがね(^^)あと300ページ近くある現在読んでいる小説は、白石一文という人の「すぐそばの彼方」という本です。この人の小説はこれで三冊目です。この小説は政治の世界を舞台にしているのですが、言葉が難しいのか、僕の脳味噌レベルではなかなか理解できません。政治の世界の闇の部分が描かれています。あくまで小説であってフィクションなので、こんな世界なのかと単純に飲み込むわけにはいきませんが、作者としては何らかの情報があるのかなとも思えます。それくらい金に関する描写が生々しく、訳もなく説得力があるなと思ってしまいます。わけがなきゃだめですけど(笑)どうも昔から感想文の類は苦手です。何がどうすごいとか、表現に困ります。絶対的に読んだ本の数が足りないんだろうなと思います。21年で100冊読んでない気がします。漫画は読んだけど…ここ最近また小説にはまりだして、毎日活字は読んでいるものの、どれもけっこう厚い本で、一日1冊というわけにもいかなくなってます…

亡国のイージスは、上下で1000ページくらいあるので、読み終わるのに3日使ってしまったし、ゼミの勉強やらなんやかんやで、厚い本はどうしても時間がかかってしまいます。ここのとこ、本自体あまり読めていませんでした。ブログにはまったことも一因でしょう。今の小説が読み終えたら、今度はゼミ発表のために、愛国心やら、ナショナリズムやらの評論文をよまねばなりません…既に三冊買いました。発表を妥協しないためにはこれでもまだ足りないでしょう。発表までの2ヶ月ちょっとは、小説は読めそうにありません。評論文は長編小説以上に時間がかかります。自分で設定した課題とはいえ、あまりに漠然とした答えのないテーマなので、背伸びしちゃったかなと、やる前から少し後悔しています。でも、テーマを変えたらもっとややこしくなりそうなので、このまま突っ走ります。

お薦め映画に続いて、このブログを読んでくださっている人にお願いです。お薦めの小説を教えて下さい!ホラー以外ならたぶん平気です!文学作品は苦手かも…恋愛小説でもかまいません。村山由佳という作家さんの作品は、ほぼ全て読破したくらい、恋愛小説も好きな分野の一つですから!お願いします(^0^)b
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-27 01:43 | 徒然日記

9/25 本日2記事目

今、とあるブログの日記と、プロジェリアという病気の少女の番組をみて、自分を見つめ直しています。

ブログの持ち主の方はこう言っています。
「夢を抱くのはいいし、抱くべき。だけどそれに対して努力をしろ」と。

番組のなかで出てきた患者の少年はこういっています。
「人生はどう生きたかが問題なんだ。長さは関係ない」と。
(*プロジェリアは、通常の10倍の早さで老化が進む病気で、平均寿命は13歳だそうです。その少年は15歳でした。)

自分に夢はあるだろうか?

自分はどう生きているだろうか?

今の僕の夢は、サークル日本一になること。そのための努力はできていると自負している。
でも、その後は…??
自分にはまだ早いと思ったから、先生にはまだならないと考えた。先生である父を見て育って、いつのまにかそれが自分の夢になっていた。でも本当にそうなのか?って考えて、視野の狭かった自分に気が付いた。先生になりたくなくなったわけではない。でも、今の僕はあまりに社会をしらなすぎる。そう思った。一般企業に就職したら、社会を知れるなんて甘く考えたわけではない。ただ、学校以外の世界が見てみたいと思った。父しか見てなかった自分が知らない世界を見たいと思ってる。だから、その気持ちに従おうと考えた。でもその先は何も具体化していない。ただ漠然と就職活動に突入しようとしている。自分が何をやりたいのか…考えていないわけではない。ただわからない…見つかれば努力できるのに。今やりたいことは頑張れてるんだから。見つかれば?じゃあ、見つける努力はしてるだろうか…?正直、してない…と思う…自分のことなのに。大切なことなのに。今更気付いた。気付かせてもらった。何から始めたらいいのかわからないけど、とりあえずリクナビに登録しよう。

こんな調子で、のんきに毎日を過ごしている。サッカーやって、バイトして、ちょっと勉強して。
自分は自分の人生を精一杯生きているだろうか?
僕はたぶん、明日死ぬことはない。明日死ぬかもしれないという病魔におそわれているわけでもない。でもいつ死ぬかは実際わからない。ただ長いだけで、細い人生なら、短く太いほうがいい。生き急ぐ必要はないかもしれない。でも、昨日より今日、今日より明日の自分が幸せでいてほしいし、成長していたい。常にそれを考えながら生きることは難しい。矛盾してるけど、たぶん人並みには長く生きていられるから。
でも、大事なときに妥協しそうになったら、彼の言葉を思い出せるようにはしておきたい。彼はたぶん、こんな意味で言ったのだと思うから。「今やれることはやったほうがいいし、夢は諦めるべきじゃない。やりたいことをやらないで後悔しながら長く生きるくらいなら、やりたいことをやって短く生きたほうがいい。」これはこのことばのいくつもあるなかの一つの意味だと思う。今の僕にわかるのはここまでだ。

長く生きることはやっぱり幸運だと、この間に思った。この少年だって、もっと生きたかったはずだ。ぼくは死の宣告を受けたわけじゃない。失敗してもやりなおせることがほとんどだ。これは絶対に幸運だと思う。でも、このことに油断はしてはいけないと思う。今を精一杯いきながら、将来のことも考えよう。どん欲に生きるんだ。
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-26 00:24 | 徒然日記
今日は得意の一人映画に行って来ました。ここ最近男であれ女であれ、とにかく誰かと一緒に映画を見た記憶が有りません(T_T)でも、一人映画って気楽で好きなんです☆映画とラーメンは一人で行ける!

さて、今日見てきたのは「シンデレラマン」です。グラディエーターで主演男優賞のラッセル・クロウが主演でした。こないだ暴力事件かなんかで警察ざたになっていたような、なっていなかったような…まあそんなことはどうでもいいんですが、僕はすごく感動できた映画でした。ただでさえヒューマンドラマがとても好きなのに、しかもそこにスポーツがからむ熱い系は大好きなんです!シービスケットとか!何がいいとか悪いとかわからない人ってのもありますけどね(^^;)つまんないって人ももちろんいると思います。価値観なんて人それぞれですからね~。

映画の内容とは全く関係ないのですが、海賊版撲滅のCMはいかがなものかと思いました…どっかのブログにもこんなこと書いてあった気がします。映画館で見てるひとは、少なくともそんなことしないと思うんです。だって、お金払って映画館に来てるんだから。あのCMのせいで、なんかイヤな気分になります。気持ち悪いし…やるんならテレビでやってほしいです。映画会社に抗議のメールでも送ってやろうかと思ってしまいます。

さてさて、映画好きとしては次に何を見ようかというところなんですが、最近忙しくて今何がやってるかわからないし、いざこれよさそうだから行こう!と思ったら終わってるなんて事態に遭遇することが多々あります。「君に読む物語」なんてその典型です。もうビデオになっちゃいましたよ…しかもTUTAYAに行って借りようと思ったら全部借りられてるし(;_;)「コーチ・カーター」はまだやってるのかな??

このブログを見てくれている人で、この映画いいよ!って、何かお薦め作品があったら是非教えて下さい!ビデオになっていてもかまいません!ミニシアター系なんて最高です!邦画でも洋画でも基本的にどんなジャンルでもいいんですが、ただ、戦争系とホラーは無理です…戦争系は、悲惨すぎて見れないし、ホラーは身体が受け付けません(^^;)どんなジャンルでもなんて嘘ですね(笑)
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-25 22:03 | 今日の出来事
今日は練習後、珍しく3年のプレーヤー、それもサークルの中心を担っている連中だけで池袋のラーメン屋に行き、うまいラーメン(つけめん)を食い、意気揚々と3年ボーリングチャンピオンを決めるべくロサ会館へ。

今回の賞品は、8人参加で、一人300円出資し、それをチャンピオンが総取りという、極上の賞品…負けられない!

今回は僕らからすれば非常にレベルの高い大会となりました。ストライクやらスペアやらがバンバン出て、5レーンを終わって8人が横一線。普段まじへたくそなキャプテンがストライクを出したかと思えば、愛好会のゲーム王K一は絶不調。手に汗握る熱い展開となっていきました。

そして、好調かに見えたキャプテン、ゲーム王、鶏、スケベ王、がその後優勝戦線から脱落。残るは、僕、保守的な副キャプテン、長身Y田、童顔K原の4人に。

8レーンまでは、なんと僕が単独首位にたつという、周りの予想を裏切る展開に。なめてもらっちゃあ困る(笑)しかし、単独首位とは言っても、すぐ背後には3人が追ってきています。油断は禁物です。そして、残りの2レーンはメンタルの戦いです。

そして9レーン。普段からプレッシャーに弱い僕は、またもこのメンタルの戦いにうち勝つことはできませんでした。痛恨のミスを犯し、最終レーンまで、戦いの行方はもつれこみました。

そして最終レーン。ここで、無難にスペアを取って、3回投げることができたら、優勝はほぼ決定的という展開になりました。9レーンでスペアを取れていなかったものの、このプレッシャーにうち勝てれば、すべて帳消し。賞金は我が物となる…いざ!!


しかし、ここでも僕はメンタルの弱さを発揮し、結局7本しか倒せず、トータル138。トップの副キャプテンとわずか2本差の2位でした。勝負弱さは克服されることはありませんでした。

まあいい。こんなところで運を使っちゃいけない。GKである僕の個人的な運がサッカーでは重要になってくるんだから!運はためないといけない(^^)今まで散々貯めたけどね…彼女もさっぱりできないし(笑)これは日本一になれと言われているとしか思えない(^ー^)
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-25 00:55 | 今日の出来事
今日はあいにくの雨でした。しかし、今日をいれて、本番開始まであと十回しか練習回数がない中、黙って見てるわけにはいきません!

今日はマガジン杯後、初の練習でした。さすがに身体が重い…老いたものですね(^^;)
今日のメニューは次の通り!

☆基礎練習
 正面キャッチ 5種類
 ハイボール  3種類
 セービング  浮き球・ゴロ

☆応用練習 
 クロスボール

☆チーム練習

☆パントキック

約2時間に及ぶ練習でした。最後の方は雨が激しく、バウンドが変化したりで大変でした(*_*)でも、雨のなかの練習というのは、意外と気持ちいいもんです!怪我をしたのも雨が原因だったけど(笑)

クロスボールに関しては、だいぶわかってきたというか、納得できるものでした。もちろん今後も続けるべき課題ではありますが…

パントキックは、ここにきてスタイルの変化を求められています。いままでは、距離を稼ぐのではなく、精度で勝負しようと練習して来ましたが、中大戦でことごとく跳ね返され、議論のまととなりました。そこで、DFラインの裏まで、でかく飛ばし、跳ね返されても高い位置でセカンドボールを拾えるようにしたいということでした。そこで、今日あのばかでかいうちのグラウンドで練習したのですが、20本近く蹴って、まともに飛んだのは3本だけ。距離をだすくらいわけないさと思っていたのですが、どうやら考えが甘かったようです…全然飛ばない(;_;)練習が欠かせない!!

今後の練習なんですが、重点項目を、クロスボールからシュートストップに切り替えようと思います。やはり重要なのは最後の最後でチームを救えるかというところになってきます。守備主体のうちと違って、ほかのチームは攻撃主体ばかりです。だからこそ、最後に構える僕の実力や運が重要になってきます。運に関しては心配してません。いままで散々ためてきましたから(笑)シュートストップは去年からやっていることなので、勘を取り戻しさえすれば、いいパフォーマンスができると思っています。
[PR]
by rebelkeeper | 2005-09-24 23:47 | サッカー