世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

1/31 聴く耳

人の話を聞く。いや、聴くのほうが正しいかな。
これって、普段やれているようで、実はやれてないことって多いのかなって感じます。

何気ない話をするときはまあいい。多少、質問と違うことが返ってきたり、答えてもらえずに話を変えられたり。なんでもない会話なら、まんまり気にもならない。ちょっとはなるけど…

でも、それが真剣な言葉だったらどう思うだろう?すれ違っていかないだろうか??

最近そんなことを考えながら会話しています。話を聞いてないっていわれることが僕は昔から多くて、それが原因で痛い思いをしたこともありました。その本当の意味に、最近になってようやくわかってきたように感じます。

だから、何気ない会話から気をつけるようにしています。質問の内容、意図をきちんと汲み取って、軸をずらさないように答える。まだまだ、甘い。でも、気をつけていれば、次第によくなるとわかっているので意識して会話するようにしています。メールなんかは特にそうです。考える時間が取れるから。

この軸をずらさないという考え方はゼミで学んだことです。論理の飛躍という言い方をゼミではしていたのですが、要は同じこと。自分のいっていることの矛盾、質問にきちんと答えているか、その他、ひとつの軸に落とし込んで会話をする。ということだと解釈しています。

そうやって気をつけていたら、結構話って膨らむもので、相手も深いところまで話してくれるもんなんですね。そして、僕もそれにのっかていろいろと考え、意見を話す。話してる内容の軸さえずれなければ、相手は混乱もしない。最近そんな手ごたえっつうかなんつうか、そんなコミュニケーションの奥深さを学んでいます。

別に自分の話はできなくても、深い話ができるから相手のことを今までより深くしることができるし、深いところで返すから、自分がどういう人間かも結果的に知ってもらえる。そんな逆説に気づきました。まだまだ修行の余地はありありです。まだ飛躍することもあるし…でも、これから成長したいです!

ある友達との最近の会話の中で、そのことを強く感じることになりました。そいつは、恋人との関係で、かなりの悩みを抱えていてもはや病気です。聞いていると、相手が話を聞いてくれないことが、そもそもの原因のようです。

その友達もゼミが同じだったので、同じことを学び、そして同じく軸がずれることに気づくようになったため、もやもやがはっきりとした不満につながったようです。良くも悪くも、多少賢くなったのかな(^^;)お互いに。。。

More
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-31 23:04 | 徒然日記

1/31 学校にて

今、大学にいます。もちろんパソコン持参で(^^)家ではやはりグダる僕なので、こうして休みにもかかわらず学校に来ています。もちろん誰もいません(^^;)こないだまでテストだったので、僕が普段使用している勉強室も満員だったのですが、現在は僕だけです。。いかにテスト前しか日本の大学生が勉強しないかを物語っていますね(笑)

さて、今日新たにこのパソコンについて気づいたことがあります。それはインターネット。

このパソコンは、無線LANを使ってネットにつなぎます。エア・エッジというもので、一番最新のものですが、今はやりの光とかではなく、ダイヤルアップです。よくわからないんですが、速度は128kbps?だったかな。父の話では相当遅いとのことです。

実際、確かに遅い。昨日、家の自分の部屋でつないだんですが、かなり遅くてちょっとむかつきました。

そして、今学校でこうしてネットをやっているわけですが、家の時よりはるかに早いんです。いったいなぜ??と思うのですが、おそらく電波状況の違いです。

このエア・エッジは要するに携帯電話をつないでいるのと同じこと。僕の部屋は電波状況がかなり悪いのですが、学校は相当いい。そこの違いかなとおもいます。

これで、ますます学校に来るしかなくなってきました。まぁ、自宅からの移動時間は片道約40分。気分を変えるにはまぁまぁいい時間です。

就活中でも、学校を拠点に活動することになりそうです。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-31 11:04 | 今日の出来事

1/30 免許更新

朝っぱらから、千葉県流山市にある免許センターに更新手続きをとりにいきました。

朝は、受験を控える3男を予備校まで送り届け、帰ってきて今度は母を仕事先まで送る。そして、9時過ぎに免許センターに向かいました。受付が10時までだったので、間に合うかどうか心配だったのですが、道も空いていたし迷いもしなかったので早めに到着しました。

そこからがかなり面倒でした。とりあえず受け付け。3800円もとられる…金ないんだから勘弁してと思いつつも渋々出す。そして、写真撮影。

そして次。地獄の講義2時間…長い!!しかも何度も何度も同じことばかり…まぁ、千葉県は事故件数が全国第3位。違反者すうも軒並み倍増傾向にあるらしく、講義しているおじちゃんも「バカな運転者が多いんだよ!」を連発。ややキレ気味。。俺らにキレられても…と思いつつ、仕方ないから聞く。

そして、終わってからようやく免許発行。緑から青に変わりました。緑の免許も記念にもらって帰りました。

この2つの免許を比較すると、ちょっと面白い。髪の色がまったく違う!!今はやっぱり真っ黒なんですね。自分でも見慣れているせいか、比べてみて改めて自分の髪の黒さに気づきました。

まぁ、だからなんだってことではないんですが…髪の黒さはともかく、とりあえず容疑者にならないように気をつけました。一応成功といってよいでしょう。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-31 10:50 | 今日の出来事

1/29 念願成就

昨日から、千葉県内の実家に帰ってきています。明日、月曜に運転免許の書き換えをしなければならないためです。初の更新なので、講義が2時間あるとか…めんどいったらない。

さて、今日はついに念願がかないました。

マイノートパソコンを親に金借りて買いました!!持ち運びできるサイズの12.1。シャープのメビウスです!これからの就職活動や、卒論その他、利便性を考えて購入に踏み切りました。今、そのパソコンを使っての投稿です。

いや~、最高☆画面もきれいだし!薄いし軽いし(^^)難点は、無線LANのエア・エッジでのインターネットなんですが、それのスピードがかなり遅い!でもまぁ、ないよりいいってことで、かなり重宝しそうです☆

パソコンを持ち運び可能になったことで、かなりの時間有効利用が可能になります。セミナー予約やエントリーなどが電車内でも可能になりますし、学校で勉強するときもいちいちパソコンを借りにいき、1時間ごとに更新なんていう面倒な手続きが省けます。

大事に扱わなければ!!
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-29 18:34 | 今日の出来事

1/27 テスト終了~

いや~、テストが終わりましたよ。いろんな意味で(笑)

まず、昨日の図工教材研究。これはもう、絶対単位ゲットでしょう☆なんつっても、僕がやまをはって重点的に勉強したところが中心に出題され、しかも穴埋め。多分1個か2個しか間違ってないです。あとの論述の点数次第では、かなりの高得点かと思われます。あとは出席かな…う~ん、平気なはず!

さて、問題は今日の生活教育論なんです。このも書いたとおり、この授業は、僕がゼミでお世話になっている先生の授業です。落とすわけにはいきません!!
昨日から今日にかけて、かなりの悪あがきをしました。

そして、いざテスト。Ⅰは穴埋め問題11題。これはまあ、満点とは行かないまでも普通にできました。問題はその後ですよ…3題に渡る論述責め。

しかもまた、出題されてみるとこの先生っぽいというかなんというか…まぁ、そうですよねって言いたくなってしまうような問題なんですよこれが。きちんと勉強していればとれるよって最後の授業で先生はおっしゃっていました。

そう。「きちんと」やればね。これがくせ者です。確かにやってないことは聞いてきません。でも、問題は、森を見て、かつ木を見るというか、大まかに把握することもたいせつですが、また深めて勉強しておかないといけない…
いや~、よくできてるなぁ…なんて思いながら考えてました。

まぁ、無理でした(^^;)一応、かすってはいると思うんですが、途中で自分が書いている文章の矛盾に気付いたり、軸がぶれているのに気付いたりと…それはそれはひどいもんですよ。。。

なんとかして単位を下さいっていう、暗黙のメッセージが伝わるように書きました(笑)まだまだ勉強不足ですね~…

にしても、これで、テスト終了~!!まだ、ゼミのまとめレポートがありますが、あれは自己分析の延長になりそうなので万事OK☆というわけで、就活に集中だ~(^0^)
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-27 20:55 | 今日の出来事

1/25 迷走

ただいま迷走しております。

明日、明後日はつづけてテストです。明日は図工教材研究。明後日は生活教育論です。小学校色丸出しですね。図工教材研究は受験勉強の再現のようになっています。とにかく暗記ですね。
生活教育論は僕のゼミの先生が授業を持っています。噂ですが、この先生のテストはどの先生と比べても郡を抜いて難しいとか…ノートを見直しても確かに難しそうな単語が並んでいます。なぜ去年とらなかったのかっ!!あのメールアドレスさえ間違っていなければ…

しかし、院生の話によると、この生活教育論はかなり教員採用試験で出題されるとか。う~ん…複雑。。受検はしないんですが、授業は結構面白いので、まぁ、去年の先生に習うより良かったなって感じです。テストはやばいんですが(*_*)採用試験を受ける他のみんなは、出ておいた方が良かったよねって心底思います。

さて、しかしまぁ、取りあえずはあしたの図工ですよ。ひたすら暗記…でもこれも採用試験で聞かれるらしいんですよ。決して無駄って分けでもないらしい…

が、しかし、出題形式などの情報がないため、かなり勉強は迷走…とりあえず論述できるようにしておけば、基本的には問題ないだろうということでやってはいるんですが、芸術家肌の先生だからか、かなり個性的というか、変わっている先生。文章の日本語のつながりがたまにわかりません。もしくは説明不足と感じます。これはこのまま本になるって自慢げに語ってらっしゃいましたが、正直そうは思えません。僕の勉強不足・無知であるというのを差し引いても厳しいんじゃないかと…

でもまぁ、そんなこと言ってもテストは受けて単位はもらわないと卒業に関わるので何とかして乗り越えようと思います。

はぁあ…やるか。。。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-25 22:40 | 今日の出来事

1/24 テスト初日

今日は、教員免許状取得に必要な単位である、「情報」のテストがありました。
日頃、全くと言っていいほど勉強なんかしないし、まして、この情報の授業に至っては、出席をとられるから出席していたものの、何を言っているのかわからないし、何がわからないかもわからない。という、テストを受けるには最悪の環境のなかで臨みました。

テストがあるのに就職活動やっちゃうし、教科書を買ったのも昨日という、教授からしてみれば最低の学生です。昔からパソコンには弱いのに、細かいコンピュータ用語なんて、意味がわかんないに決まっている…そもそも、パソコンを使う上で、プログラミングの仕組みだとかを企業では使うんだろうか…使うとしたら相当やばい。。。技術者くらいだろ?とか勝手に思っているのですがホントのところはどうなんだろう???

肝心のテストは、ほぼ徹夜の勉強の悪あがきもむなしく、無惨な結果でした。出席点がどれくらい加味されるのかによっては奇跡もあり得るでしょうが、それにしてもひどい気がするので、おそらく来年度、つまり4年になってから取り直しでしょう。

卒論とゼミ以外は授業をとらないか、もしくは経済学部の授業にでも出ようと思っていたのですが、余計な単位を取らないといけないようです。

はぁあ………
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-24 23:17 | 今日の出来事
この日はセミナー第4弾。グループワークはないものの、僕のまわりの人達で、この会社の説明や人に会った人はみんな、いい会社だというので興味が有りました。

割と有名な企業だし、CMも特徴があって面白い企業です。説明会が始まるまで、ホールでは今までのCMがエンドレスで流されていました。テレビでよく見るCMから、こんなCMもあったんだってものまでけっこう幅広いんだなって思いました。

その幅広さは事業規模にも感じました。思った以上にグローバルな企業で、世界に向けて様々な事業を展開していました。今時のメーカーは世界を相手に事業を展開するところが多いのでしょうかねぇ…企業研究もへったくれもない感想ですよね(^^;)

パネルディスカッションに登場してくれた人たちの話を聞くことも出来たのですが、メーカーは物をもっているのが強みということは直接は言わなくても発言からくみ取ることができました。そして、みんな「人」を強調していました。

その言葉通り、とても雰囲気のいい会社であることを感じました。

極めつけは人事の方のこの言葉。教育実習とかぶる可能性があるということを友達が質問していてくれました。その解答が結構驚きでした。

「実習もそうだが、他の会社と面接がかぶってしまったりしたときは話してほしい。日程をずらすから。何も言わずに辞退ということだけは、寂しいので辞めてほしい。必ず相談してくれ」って答えだったそうです。人事部の偉い人で、採用に深く関わっているという人の話なので信頼できる話でしょう。もちろん、そこまでしてでも一緒に仕事をしたいと思った人物という前提があることはわかりますが、まだ入るかもわからない学生を大事にできるので、おそらく社員も大事にしているのかなって思いました。

実習に関しては、どうしても不安材料です。かぶる可能性は結構高いですから。以前、愛好会のOBの方にも同様の質問をしたのですが、「卒業かかってるんだから正直に言った方がいい。その人と働きたいと思っていれば、日程くらいずらしてくれるよ。むしろ、それでダメだった企業なんか行かない方がいい」とまで言っていたのですが、やはり信じていいようです。問題は僕が一緒に働きたいと思ってもらえるかという僕次第の問題だけですからね。それでダメなら納得できます。

思ってもらえるかなぁ…
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-24 17:27
果たして、ブログで企業の実名を出してもいいのだろうか…出した方が書きやすいし、後の自己分析もやりやすいと思う反面、法に触れるのも嫌だしなぁと思う今日この頃です。

今日は、本格的なグループワークがありました。ある物を作る拠点をどこにするのか考えるという目的で、3地域の中から、品質、コスト、経済効果、雇用などの条件を考えながら、最適な地域を割り出すというものでした。

地域は、アジアC国、アフリカC国、南米C国の3地域。この中で、品質などの各項目を★で評価していきます。アジアは経済合理性に優れ、アフリカは経済貢献、南米はリスクマネジメントに優れるという長所がありました。もちろん短所もあり、それを総合してどこ!というのを各グループで考えるというすんぽーです。

僕らは、安定感のあるアフリカにしたのですが、答えはアジア。間違えました…

しかし、今回重要だったのはそこではありません。次の4つの気づきが重要でした。
気付いたことその1。僕はやはり無知である。よって、勉強が必要、かつ入ってから人より苦労する。
その2、ゼミでやってきたことは確実に役に立つ。批判はエチケットという僕らのゼミの視点が知識のない僕を救ってくれました。
その3、この企業の考え方に共感できたとともに、エピソードをくっつけることも可能である。ということがわかったこと。
そしてその4、やはり周りと話すことは大切である。
この4点です。なかでも重要なのは2番。ゼミ効果です。

基本的に知識がないので、データの比較などは他の人に任せました。それはもうしょうがないので、自分の役割はなにかなぁなどと考えながら話し合っていました。
僕らのグループが、アフリカにした要因は「全体を総合した結果の安定性」でした。全ての項目がバランス良くなっているという意味での「安定性」でした。しかし、項目の一つに政治的安定性というのがありました。周りはいつのまにかこの言葉に引きずられ、グループで考えた安定性がイコール政治的安定性であるかのようになっていたのです。途中からなんかおかしいなと思っていたのですが、それが確信に変わったのは、理由の1番に政治的安定性を持ってきたからでした。どう考えても柱がずれている。

そう思った僕は、「僕らの考えた安定性って、全体を総合した時のバランスのことだったよね。政治的安定性が1番の理由ではないと思う」みたいなことを言ってみました。自信があったので口調もちょっと強めになってしまいました。そこは反省です。でも、周りはこれに賛同してくれました。

結果として答えが間違ってしまったことは反省というか、勉強し直すとしても、とりあえず、結論と根拠のロジックだけはしっかりしないといけないという普段の勉強の成果がでたかなと思います。以前の僕にはなかった力だったと思います。

グループワークに不安はまだあるので、とにかく場数を踏んで、慣れたいと思います。一つ自信をもてることはあったものの、今のままでは通用しないというのもまた事実だと感じました。明日もセミナーです。グループワークがあるかどうかはわかりませんが、自分の考えを話せる場や、質問出来る場でもいいので、とにかく発言をするということを心がけていきたいと思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-23 01:56

1/21 音楽会

この日は、就職活動から離れて、教育学科主催の音楽会でした。これはどうやら伝統らしく、毎年行われている行事です。

初めは、正直面倒ってのが感想でした。3年は合唱で全員参加ということはいい。もともと1つのことをみんなでやるってのは好きなので。しかし、問題は様々な裏方業務。就職活動やレポート、テストがあるなかだったのでネガティブなイメージしか持てませんでした。

しかし、中心となって動いているあるゼミのメンバーが強い熱意を持ってやっているので、足だけは引っ張りたくありません。よって、与えられた役割くらい、期待以上にやってやろうと思いました。

僕は打ち上げの幹事でした。2週間前から出欠をとり、もう一人の担当と連携して、何とかスムーズにいくように話しました。当日は土曜なので、店も混雑が予想されます。それを計算に入れての早めの始動でした。まぁあ、それなりにうまくいったかなって思います。もう一人の方にちょっと仕事が偏りすぎてしまったのが自分としては反省点です。

さて、音楽会そのものですが、やってよかったと心から思いました。

というのも
[PR]
by rebelkeeper | 2006-01-23 01:17 | 徒然日記