世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2/22 バースデー

今日22日は、僕の22歳の誕生日でした。2月22日生まれで22歳。特に意味はないんですが、なんかすごくね?と思う今日この頃です。

たくさんの人からメールをいただきました。就職活動の激励つきのメッセージがほとんどで、改めて、仲間に恵まれたと感じる日でした。ゼミの人たちからはバースデーコール&ソング。
今、ゼミ合宿中で、僕は残念ながらセミナーがドンかぶりしていけなかったのですが、その旅先から電話をかけてきてくれて、ハッピーバースデーを歌ってくれました。

いや~、近年まれにみる嬉しい誕生日でした☆

誕生日プレゼントか何かわかりませんが、某人材系企業の1次選考通過の知らせが届きました!誕生日に落ちてたら最低ですけどね(^^;)まだ1次を通過しただけとはいえ、初の通過通知だったので、やはり嬉しかったです(^0^)

しかし、ここで油断してはいけない。やるべきことをきちんとやることを忘れては、もらえるものももらえない。今までの22年の中で学んできたはずです。

実際、もう一個連絡待ちのメーカーからはまだ連絡来ないしね。。。人一倍頑張んないと、俺は周りと同じスタートラインに立てない。自分探しも、企業分析も、人よりやんないとね。就職率がいい世の中だけど、そうはいっても決して甘いわけじゃあない。

危機感と反骨精神だけは忘れずにいたいものですね。そんなことを思う22歳の誕生日でした。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-23 00:45 | 今日の出来事
昨日・今日と、多少なりとも自己分析が進んでいるのかな?と思います。この前の記事のことを、今年から働きにでる先輩に聞いてもらいました。

その話を通じて、やっぱり自分のやってきた「努力」というのは押してもいい、というよりも、押したほうがいいのではないかということでした。

自分ではそれが当たり前だと思っていた練習に対する姿勢だとかは、周りからすればあそこまでやるのは半端ないといってもらえました。面接官もバカじゃないから、お前の話は伝わるはずだと。

そこで、僕の単純な頭は開き直ったのでした。

どこにでもある「努力」という言葉。誰でも話すことだし、社会にでて誰もがやることに違いはないんです。でも、中身は人それぞれなはず。

弁当箱のケースは同じでも、詰まり方も違うし味も違う。もしかしたら、箱の大きさも違うかもしれない。

僕は僕なりの弁当箱で勝負すりゃいいんだと。

僕がいままでやってきた問題解決のスタイルと行動力を努力・継続力という、いってみれば精神力が支え、その精神力の根本を、仲間の存在が支えてくれていんじゃないのかなって思うのです。

このスタイルが、誠実とか、謙虚とかそういう言葉で仲間たちに言ってもらえるようになった要因なのかなと、さっき思いました。

そして、一人ひとりの想いがひとつになったとき奇跡みたいな力をうみ、勝利したあの新関東最終戦のような達成感や喜びを、仕事でも感じたいんじゃないのかと…あの奇跡の力をもう一度、いや何度でも味わいたいと思っている。そんな自分がいます。

しかし、まだ深められるはず。小6の経験以来、危機感の鬼と化した僕は、現状に満足できなくなっているという特徴があります。いいときはいいのですが、裏を返せば自身を持ちづらい体質ということにもなります。何事もバランスって大事ですよね。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-21 20:49

2/19 自分の強み

かなり久々の更新。ここのとこ、セミナーや自己分析で忙しく、更新意欲がわいてきませんでした。

てか、自分の軸、つまり強みが見えてきません。。。

3年間、愛好会一筋で頑張ってはきました。しかし、思い返してみれば、自分の成長ばかり追い求め、結果、サッカーで貢献することはできても、サークルをひとつにするための役割は、何一つやってこなかったような気がしてなりません。

サッカー以外での貢献。これをほかのみんなはやってきました。僕はやってない。そんな気がして、本当にあせっている。てか、自分がいかに自己中な人間かということがわかって、なんて社会にでて使えない人間なんだと感じている今日この頃です。

わかったことは、人一倍、「頼られたい、認められたい、任せられたい願望」が強いってこと。

愛好会に入った当初、僕は本当にへたくそなんだってことを痛感した。先輩がうますぎた。それまで、サッカーでレギュラーを譲るなんてことは一度もなくて、高校の頃は1年のときから出場してた。精神的にも子どもすぎて、変な自信がついていた。それをボキボキに折られたのがはじまりだった。

周りは自分の力を認めてはくれないし、何かを任されることも当然なかった。それから、ただひたすら、先輩の背中を追いかけて、何かひとつでも盗んでやろうと練習に没頭した。そこには、認められたいって気持ちが働いていたからなんだと思う。チームが強くなればいいとか考えていなかった。自分がうまくなりたい。あの頃は本当にそうだった。

2年になって
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-19 15:08

2/8 愛好会の後輩たち

久しぶりに格言を更新しました。もはや「今週」でもなければ「今月」でもありませんね…
今回はこれです!

誰よりも誠実に
誰よりもやさしく
誰よりも努力する

この言葉、素敵な言葉だと思いませんか?これは、僕ら3年が愛好会を引退するときに後輩達からプレゼントしてもらったアルバムに書かれていた言葉です。3年一人ひとりにアルバムをつくり、一人ひとりに、その人をあらわす言葉をプレゼントしてくれました。

僕に贈ってくれた言葉がこれです。こんな風に見てくれていたなんて思っていなかったので、かなり嬉しかったです。この言葉は、今では僕の座右の銘です。いつまでも、そう思ってもらえるような人間でいたいし、自分でもそういう人間になりたいと思うからです。

このアルバムは、思い出であると同時にお守りでもあります。今では毎日のように持ち歩いて、弱気になりそうになったら開いて見ています。僕に元気と自信を取り戻させてくれる魔法のアルバムです。愛好会に出会えたことを、本当に嬉しく思うし、感謝しています。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-09 01:11 | 格言

2/8 新たなる命

今日は珍しく、というか初めて、ニュースに対する感想でも書いちゃおうかなと思います。

皇室に新たな命が誕生するというニュースが世間を駆け抜けましたね。非常におめでたい話だと思います。

しかし、報道を見てるとなんだかかわいそうに見えます。

男の子か女の子か…なんてくだらない議論をするんだろうというのが率直な感想です。
そんなの、親である秋篠宮様にとってはどっちでもいいことですよね。違うかもしれないけど。なにより、生まれてくる赤ん坊が一番かわいそうです。どちらにしても、世間を騒がせる。しかもあまりよくない意味で。

皇室典範問題自体、僕にはくだらないというようにしか見えないのですが、女なら、少なからず残念ていう空気が流れると思います。そのことが一番残念ですよね。

男なら、今の皇太子様に変なプレッシャーがかかる。すでにかかってるのに。

そもそも、女性が天皇になれないとか、その後の血筋が女系になるとか、一体それのどこに問題があるのか、僕には理解できません。今の時代に何言ってんだとしか思えない…考えの古い方たちが伝統がどうとかくだらないことを言ってるだけですよね?違うの??僕は伝統とは常に変化するものだと思ってるので、伝統とも思えないんですが。。。

そもそも天皇は象徴なだけであって、別に女性だって問題ないっていうか、女性のほうが象徴っぽくないですか?そんなこと思ってるの俺だけかな??

いや~…頭が悪いのでよくわかりません。。。

なんにしても、子どもの誕生はめでたいこと。しばらくのあいだ、外野は黙って見守るべきだと思います。それか明日にでも皇室典範を改正するか。僕はそう思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-08 17:37 | 徒然日記

2/6、7 ハシゴ

この2日間セミナーをハシゴしました。昨日は、午前中に渋谷で選考がらみのセミナー。午後は17時から御成門ってところでOB懇談会でした。

今日は午前中に市ヶ谷、午後から学校ないでのセミナーでした。

昨日は、時間に開きがありすぎて時間の使い方が大変でした。時間までの間、午前中のセミナーで一緒だった愛好会のマネと飯を食いながら他己分析をしてました。話すというのはやはり有意義ですね。考えを伝えるという練習にもなりますしね。

さて、まぁ有意義なのはとてもよかったんです。が、しかし、問題はセミナーのハシゴです。

これ疲れる!精神的にも体力的にも。。。つらくはないんです。愛好会での活動の方がよっぽどつらかったから。でも、恐ろしく疲れる。それを2日連続ともなると疲労も結構やばい。しかも、今日に至っては学内のセミナーが、恐ろしくつまらなかったんです。

誰もが聞いたことがあって、世界シェアもトップクラスの大企業なんですが、なにも魅力を感じませんでした。期待していただけに残念でした。

そういうセミナーは余計疲れる…今日の午前中の企業が魅力的に感じた分、つまらなさ倍増でした。

今後、セミナーのハシゴなんてざらに出てくるし、OB訪問のハシゴ、OB訪問とセミナーのハシゴなんてのも増えてくるし、意識的にやるつもりでもいます。自分の足を使って、見に行かないと何もわかりませんからね。逆につまんないってのがわかってよかった気もします。全部自分の目と足つかってやらないと、自分に合う企業に出会えませんからね。

しっかし疲れた…明日は奇跡的に何もありません。休養をとって体力を回復します。
はぁ。。。寝よ。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-07 17:46

2/4 成功の心理学

いまさっきまで日テレでやっていた「世界一受けたい授業」という番組に、講師として、メジャーリーグで活躍する松井選手が出ていました。

授業内容は緊張のコントロールということでした。これには、僭越ながら、共感しまくりでした。

「100%の理論」

自分のもてる力の100%を出すためにはどうすればいいかという話です。70%えもだめだし、逆に120でも130でもだめ。常に100%なんです。

70は怠慢。120や130はだそうと思っても出ない。出たとしてもそれはラッキー。これだけでもかなり共感できたんですが、面白かったのはその後。

「身の程を知る」これがポイントです。決してネガティブな意味ではありません。自分にできることと、できないことをしっかりと把握することが成功の秘訣という話です。

彼の場合はこうです。「相手はいいピッチャーで、球も速くて打てそうもない。でも、僕でも打てる球が来るはずだ。その球を待って打てばいい」かれはこう考えながら打席にたつそうです。そして、打てない球をあきらめるわけではなく、打てるようにする努力を彼はしているとおもいます。

100%の実力の中身の数字を高める努力。これは半端ないですよ。彼はオフになると、」シーズンの全打席、全プレーのVTRを見直すそうです。そこで、細かい修正点をチェックし、キャンプに備えるそうです。

そりゃ、成功しますわ。こういった努力を一流といわれる選手たちは欠かさないのでしょう。

話がそれましたが…
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-04 22:04 | 徒然日記

2/4 ぐだり気味

先月の終わりから今日までの約7日間ほど、セミナーもなかったためかなりぐだり気味です。自己分析も進んでいません。。。

まったくなにやってるんだか…

明日からセミナーが再開です。はっきり言って内定をいただけても、行く気のない企業のセミナーを無理やりいれました。そうでもしないと気合が入りません。

あさってにはいよいよ選考がからむ会社説明会です。どうやらグループワークのようです。てかその前に履歴書書かないと…自己PR決まってないのにねぇ(^^;)

そろそろ軸になる自己PR考えないとまずいですね。。本エントリーも続々と始まっていますし。

やる気がでないなどと言っている場合ではありません。やるんだ俺!!!
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-04 16:25

2/2 たまには

僕は、大学に入ってから母方の祖父の家に居候しています。実家よりも大学が近いためです。あと用心棒・運転手も兼ねて。

まぁ、用心棒としての機能は正直果たしていません。根本的に襲われていないのもそうですが、帰らないことも結構あるからです。

しかし、運転手としての機能は何度か発揮しました。朝3時にたたき起こされ、病院に祖父を連れて行ったこともありました。その日はたしか、2限は休んだような気がします。

そして今日、また運転手になりました。今度は祖父が、夜中にトイレにたった際、ストーブに足を強打し、打撲。若けりゃ大した怪我にならなかったんでしょうが、いかんせん祖父はもう80。まるで骨折したかのように足は腫れ、まともに歩けません。

そしてまた、祖父は無駄にプライドが高いから、その後2日放置。昨日も僕は学校にはいかずに、病院にいこうと言ってんのに行かない。。。とりあえず僕は家にいることにしました。安静にしてりゃぁいいものを、何でも自分でやろうとするから始末に悪い。

で、今日はさすがにかんねんして、叔母とともに病院に行くといったので連れて行きました。案の定、やった後に歩いてしまったことと、処置を怠ったことでひどくなってました。。

いわんこっちゃない(-~-)安静にしてりゃいいそうです。医者に言われたからか、今はさすがに大人しくしています。

というわけで、今日、珍しく運転手になったわけです。まぁ、散々世話になってるので、文句は言えませんねぇ(^^;)
[PR]
by rebelkeeper | 2006-02-02 13:54 | 今日の出来事