世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー

<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

11/29 期限

卒業論文の執筆期限が具体的な目標となりました。

11日に製本出す!で、14日には余裕で提出!!

あと2週間弱です。

昨日、目標分割理論を用いて、まだセーフとはいえギリギリのラインにいることは分かりました。

7日に下書きを完成し、11日までの4日間で修正を加える。で、製本。

計画は完璧です。

ただ、論文の構成は…

考えて行動するしかない。

今こそ、愛好会スピリットを見せ付けるときだ!!
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-29 19:22 | 徒然日記

11/28 目標分割理論

ある一つの大きな目標を設定したとする。その時、感じる印象は「無理なんじゃね?」と思うことが少なくない。

たとえば、今回の卒業論文。

僕は、たぶんあと20枚弱書かなければいけない。修正を加えることと、製本に出すことを考え、期限から逆算すると、今日を含めてあと10日である。

あと10日で20枚。つまり、1200×20ってことで24000字である。

これだけ見たら、はっきり言って途方もないように思える。なぜもっと早くやらなかったのかと考えても仕方のない思いに駆られそうになる。

しかし、これを日数で割ると、その重量は一気に減る。

一日で2400字。つまり、2枚書けばこと足りることである。さらに、1日あたり、学校で頭を悩ませる時間を少なく見積もって5時間とする。

すると、1時間で480字書けばいいのである。まぁ、規定枚数を超過することを考えても、机に向かう時間も比例して増えることになるから、この数字は大して前後しないと考えられる。

むしろ、勢いに乗れば、ガンガン書けてくることを考えると、活動日数自体は削減可能とさえ思える。

むろん、行動が伴えばの話ではあるが、ここまで追い込まれた気になっていれば人間動くものである。

本日の執筆枚数、現時点で4枚。帰るまでにあと2~3枚書くことを目標に、それを実現できたら、日数は削減という完璧なシナリオ。

やりきってみせる。

*注
これは、カルロス・ゴーン 「目標は分割して考えよ」という、プレジデント系の雑誌に載っていた考え方に基づくものである。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-28 18:33 | 徒然日記

11/27 比較の対象

卒業論文が佳境を迎えています。

もう終わった人もいるのかもしれません。僕は、当然終わってません(笑)

悩んだ期間が人より長かった分、今の遅れに影響が出ています。

でも、それだけです。問題は、何に対して遅れているのか。

その対象は「他者」ではないはずです。

人の進度や出来を気にすることに意味はない。

これは自分との戦いであって、人との比較の上に成り立つものではない。それで飯を食っていくわけではないんだから。

自分の立てた目標に遅れていることは確かに問題ではあります。

でも、それも対策を立て直すことは可能なはず。

つまりはやるっきゃないってこと。

焦るんなら、自分と比べて焦れってね。

愛好会で学んだことだたけど、今改めて感じました。よって、日記にしてみました。おしまい。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-27 15:41 | 徒然日記

11/26 おつかれさま

1年間、すばらしい仲間たちと、すばらしいチームを作ってきた3年生に心から、お疲れ様と言いたいです。

今日は、引き分けという、結果だけみたらちょっと残念な感じだったけど、間違いなく彼らの本気のサッカー、そして、一年間の集大成を見せてくれたと思います。

相手は優勝の可能性は残してるけど、うちは可能性がないという難しいモチベーションではあったと思います。それでも、僕らに彼らの想いは本当に伝わってきました。

すばらしい試合をありがとう!

本気になれることのすばらしさを、改めて感じました。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-26 23:32 | 今日の出来事

11/25 あれから1年

今日は、愛好会の3年生の最後の練習でした。

僕らの引退から、1年が経とうとしています。

本当にあっという間だった。

あっという間だったけど、この1年はそれなりに濃いものになったような気がする。

自分と本気で向き合った就職活動。己の無力さを知った教育実習。クリアソンの奴らとの出会い。学科の仲間とのつながり。愛好会以外のところで色んなことを学んだと思う。もちろん、愛好会で引退してから学んだことも多くある。

あと4ヶ月あまりの学生生活。そのうち1ヶ月は卒論で取られるけど、それもまた自分が選んだ道。ここを乗り越えることで、得られるものもあるのだろう。少なくとも、不本意な形になってしまったとはいえ、何を書くかで悩みに悩んだ数ヶ月は、どっかで力になっているはずだ。今は、それがどんなものかはわからないけど。

本当に、あとちょっと。悔いの残らない、4ヶ月にしたいね。

さて、明日は後輩の最終戦!一年の集大成を見せて欲しいと思います!
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-25 21:45 | 今日の出来事

11/24 本当の課題

まぁ、特にこれといった出来事もない金曜日の昼下がり。

僕はまたも学校にいます。

学校じゃないと勉強とかできない体なんです。学校でもできてるかどうかは怪しいんですが…

4年だというのに、毎日のように学校にいるってのも、他者の目から見たら、不思議な光景なのかもしれませんね。

手帳をひらけば、11月、12月はスケジュールがらがら。

なのに、精神的な余裕は決してあるわけではない。やはり、「卒論」という名のモンスターのプレッシャーは相当なものです。

他の人の進み具合は、ここにきてむしろ気にならなくはなりました。人がどうだろうと、自分の進行具合が良くなるわけでもないし、まして進むわけではないからです。

無駄に焦る必要もないですしね。

サッカーが気分転換のはずが、転換しすぎてて、それはそれで問題あるとは思いますが…

僕のこれからの課題は、もしかしたら、というかむしろ、「集中力」をつけることなのかもしれません。

というわけで、これから9時間弱の戦いに備えて、ちょっと寝ます。。zzz
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-24 13:23 | 徒然日記

11/23 ミラクルか

すごくね?今日、晴れやがった!!

祈りが通じたね。

3年生最後の週だもんね。雨でグラウンド使えなくなったらかわいそうだ。

奴らは何か持ってるんだね。たぶん。

今日は練習いけなかったけど、たぶんいい練習になったんじゃないかなって思います。

レギュラーGK以外のGK勢のモチベーションが心配の種ではありますが…

でも、とにかく今日練習できたことは大きかったし、この調子で土曜日もいい練習にして、日曜日に最高の笑顔を見せてくれることを祈っています。

うん。絶対大丈夫だ!

日曜日は9:30キックオフ!しかも上福岡…遠いし早いけど、絶対応援行きます!

今年1年、OBで一番練習にお邪魔したであろう僕は、OBの誰よりも彼らの勝利を信じています☆
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-23 21:00 | 今日の出来事

11/22 なんやかんやで

卒論そっちのけで週に2日はサークルに出かけています。。

今日も練習行ってきました。そして、さすがにヤバイと思い、学校に帰還し今に至ります。

しかし、サッカーはいいリフレッシュになるかと思いきや、性格上やりだしたら全力になってしまうので乳酸がたまるわけです。

はい。例によって集中できない上に、空腹と睡魔にも襲われている始末です。

が、ここで家に帰ったら、正直何もやらないと思うのでもうちょっと頑張ります。

とはいっても、全然進みませんが…(笑)

サークルは、3年生が今週で引退ってこともあって、練習にも熱が入ってます。3年にとって練習はあと2回です。

なのに、明日雨っぽいってどういうことだと。空気読んで欲しいね。

明日はさすがに練習には行きませんが、雨は勘弁して欲しいです。せめて今週だけでもね。

晴れろっ!!
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-22 21:12 | サッカー

11/21 大学にて

今、まだ大学にいます。ここのところ、ほとんど毎日のように大学にいます。なぜなら、卒論があるから!といっても、はっきり言って、ぶっちゃけ、正直、全然進んでない(笑)笑い事ではないのですがね。。。

今日の出来事っていうカテゴリーで書いてるけど、出来事っていう出来事は何もない。

卒論が進まないけど、進みそうっていう出来事が起きたくらいです。興味がないことに対するモチベーションの低さと行動力の欠如を何とかしたい。

興味ないとか言っちゃいけないんだけどね(^^;)

今日は珍しくお昼も友達と食べました。なかなか面白い近況を聞けたりと、まぁそれなりに収穫があった一方で、僕は自己中であるとの指摘を受けました。

まぁ、否定はできない(笑)ゼミの方々はけっこう振り回してますからね~。。ゼミ合宿をぶっちぎってみたり、青春18切符の旅に対して、前は一番ノリノリだったのに、今は「本気でいくの?」とか逆に聞いちゃう始末…「そんなんだから…」と言われてしまいました(^^;)ですよね~(>_<)

もうすぐ卒論の提出なわけですが、提出したらもう年末。今年は今まで以上に早かったな~ってなんだかしみじみ。

就活やって、教育実習行って、夏休みは合宿やら北海道やらで、その後は卒論地獄。。まぁ、早く感じるってことは、須藤元気流に言えば、短い時間しか生きてないから若くいられたってことなんだよね。つまりは、なんだかんだと言いながら、充実した日々を過ごしているわけだ。

もっと言えば、4年間が早かった。浪人時代も早かったから、この大学にまつわる5年間はホントに早かった。

どういうわけかいい仲間に恵まれるっていう素敵な才能は大学でも発揮され、いろんな影響を受けて、マイナス思考な自分はいつの間にやらあまり顔を出さなくなったりと。むしろ、ウザイくらいポジティブって噂もあります。
とにかく、いろんなモノをもらった。

ただ、それに対して、自分は仲間に何を与えられたんだろう?って思うと、いくらポジティブでも自信ないです。

そこで、残りの学生生活、いや、人生の目標。

「何かを与えられる人間になる」

須藤元気に毒されすぎてる部分はあるけど、一番共感できた部分でもあったからこれがテーマです。

ま~た、はかることができないことなんだけどね(^^;)

まぁ、でもそういう観念というか、感情というかそういうの失くしたら人間臭さがなくなっちゃう気がする。そう根っこのとこで思ってるから、こういう形而上(っていうの?)的なものに興味がわくのかな。と自己分析。

さ、卒論、卒論。。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-21 19:27 | 今日の出来事

11/19 

昨日、いつものように後輩達の応援に行ってきました。

結果は引き分け。最終節を待たずに、彼らの優勝の可能性は消えてしまいました。

昨年のことを思い出します。彼ら同様、自分たちの代も、最終節の前に優勝の可能性が消えました。そして、試合終了後、先輩にかじりついて、これでもかってくらい大号泣したなぁ…と。

やっぱり、3年生は泣いていました。3年に限らず、3年を支え、共に優勝を目指した後輩たちも泣いていました。

彼らの悔しさはわかります。簡単に「わかる」とは言いたくはないけど、今回はよくわかります。

日本一を目指し、実現できるチーム作りをしてきた3年生。OBながら、練習に参加させてもらっていた僕には、彼らの想いの強さが伝わってきたし、後輩にも徐々にではあるけど伝わっていっていたように思います。だからこそ、流れた涙だったのかな。

あと残り1試合。リーグにとっては消化試合です。

でも、彼らにとっては大きな意味を持ってくる試合だと思います。

勝利という最高の結果を残すこと以上に、この1年のすべてを試合で見せて欲しいと思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2006-11-20 16:50 | サッカー