世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2/27  手段と目的

本日も実にスローライフな一日。

昨日から読んでいた本を読んで、新しく本読んでと、実に読書三昧。。と言えればよいが、三昧っていえるほど読んでいませんね。

小説、ビジネス書、自己啓発、科学、精神世界。。。ざっと部屋を見渡すとこういう本が並んでいます。そのほとんどがブックオフで、本日も雑誌も含めてニューフェイスが4冊。ものすごい勢いで本ばかりが増えており、優先順位がつけられない事態に陥っています。

これを、俗にいう本末転倒というのでしょうね。

で、足りない頭でそれなりに考えてみたのです。

これらの買ってきた本は、一応、自分の琴線に触れる何かがあったから買ったわけで、昔から直感中心で生きてきた僕なので、あたりを引いている確率は高いはず。

でもって、4月2日の入社までには少なくとも読み終えたい。しかも、それを読みっぱなしではなく、キチンと自分の糧として吸収できていなければ意味がない。

で、どういうわけか膨大な(と言っても、教授や一流の方々が読むほどの蔵書ではないが…)本を手早く、かつ効率よく吸収していくためにはどうするか。

時間は24時間。これは万人に平等に与えられた財産である。いくら暇とはいえ、本ばかり読んでもいられないので、これにはタイムマネジメントが欠かせない。これはビジネスマンとなる4月からも同様である。できるリーマンになりたい僕としては、この時間管理は重要度が高いと感じている。

本の目的は情報を得て、知識をし、さらに知恵として自分の人生に生かしていくことが目的である。読書はその手段に過ぎない。時間の多くは「行動」にあてられるべきである。

という考えのもと、「速読術」に関する本を何冊か読むことにしました。

で、昨日は「レバレッジリーディング」という本、今日は「王様の速読術」という本を読みました。

僕の今までの読書は徹底して精読。だから、スピードが上がらない。時間もかかる。今まではそれでも良かったし、これらの本を読んだ今でも、趣味の範疇として捉えている小説や精神世界の本に関してはそれでいいと思っています。あくまで趣味だから。

ただ、成功哲学なり、ノウハウっていうのは、速読していいのかなって思うようになりました。重要な情報を取ってこられればいいし、精読をかけたところで、覚えていられない。つまりは身になっていないってことだから。今までのやり方がこの分野で通用しないってことはわかっているので変える必要を感じました。これからは、隙間時間をうまく使っていく必要があるし。

今までの癖があるので、一筋縄ではいきませんが、やってみる価値は十分にあるように思いました。

が、そこで気をつけなければいけないのは、速読が目的ではないということ。あくまで読書の手段であって、真の目的は自分の成長に繋げることにあります。

これらの著者は共通してこう言っていました。

それは、読書術だけに当てはまることではなく、何事も「目的」を忘れてはいけないということも同時に指摘しているように思います。手段と目的をしっかりと意識し、手段に満足するなと。

読書術で言うならば、スピードを上げることは手段。スピードが上がったといって満足することは目的にはあっていないことです。その時、真の目的が達成されているならば良いが、違ったようでは困ります。

読書術の本から、哲学を学んだような気がします。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-27 20:04 | 今日の出来事

2/26 不都合な真実

今、映画にもなって話題の「不都合な真実」という本を読みました。

環境問題、特に地球温暖化に関して、我々読者に警笛を鳴らしている本です。著者はアル・ゴア氏。元アメリカ副大統領で、先の選挙でブッシュ現大統領と壮絶な選挙戦を繰り広げたことは、いまだ記憶に残っています。この方が、当時の大統領になっていたら、アメリカも地球環境も違っていただろうし、願わくば、彼に大統領になってほしかったと思いました。考えてもしかたのないことですがね(^^;)

今、この地球がここまで大変なことになっているとは、正直思っていませんでした。

「日本」というとても小さなコミュニティの、さらに小さな社会に生きている僕には、テレビなどで報道される問題が、とても重要なことであるということは意識しても、実感として湧いてこないのが今まででした。

しかし、この冬の暖冬は日本という僕らの小さなコミュニティの中でも、十分実感として伝わってくる現象でした。そして、この本での警告。

「自分の問題」として考える要素はすでに昔から揃っていたんだと思います。

僕は、昔から漠然と、将来の愛車はハイブリットカーにすると決めていました。それが、この本を読んで確信するに至りました。

そして、最近では部屋の暖房を切っています。今日、この本を読んでからは、使っていない電気コードのプラグを引っこ抜きました。

「自分ひとりががんばったって無駄」この考え方がそもそもの間違いだと思います。こういう考えの人が多いから、個人レベルでの解決ができないのだと思います。自分がまずはやってみようという人が増えれば、知らないうちに大きな力となります。

政治家や大企業の社長ではないので、いきなり大きな力を発揮することができません。でも、そんなことは関係ありません。まずは自分にできることをやることが大切なことで、それはたとえ小さくてもいいんだと思います。何もしないよりははるかに。

地球がぽしゃったら、今までのことがすべておじゃんです。

ボコボコのフィールドでは、うまく自分のサッカーができないように、活躍フィールドとなる地球がボコボコでは、自分の目標や夢も追いかけることができない。少し飛躍気味ですが、そう思います。

地球の問題、さらには、地球の裏側での戦争や事件に至るまで、全ては自分の問題なのかなと思います。

データの載せ方、読み方に多少の疑問は感じますが、とにかくわかりやすくなっています。この問題に関しては、グラフもビジュアルでとらえて、ちょっと大げさに受け取るくらいで、個人の意識レベルにはちょうど良いと思います。ぜひ、読んでみてほしいです。
特に、自分だけががんばっても影響はないと考えている人には。
全ては自分です。

ARIGATO for All
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-27 00:22 | 徒然日記

2/23 「23」

昨日、22日は僕の23歳の誕生日でした。

たくさんの友人がおめでとうメールをくれました。つくづく自分が恵まれた環境にいることをありがたいと感じました。本当に、心からありがとう。

さて、昨年は2月22日の22歳ということで、2が5つも並ぶぞろ目年でした。もうこうやって2がズラッと並ぶ誕生日はもうこないだろうな意味で、なんだか特別な年として僕は昨年1年間をすごしてきました。

今年は、ぞろ目の年の終わりと同時に転機の年です。

4月から、社会人生活がスタートするからです。

友人からのメールにも、「大変だろうけど」「忙しくなるけど」という言葉が書いてありました。

そうなんだと思います。自分が今考えているよりもずっと、来年からの生活というのは大変であり、忙しいんだと思います。自分の考えは、たぶん甘いのだと、なんとなくそう感じています。

でも、まだ始まってもいない社会人生活を不安に思うのは、今が楽しくありません。楽しくない今という時間が積み重なるから、未来の自分も楽しくない。これって、僕はあまり有効な時間の使い方ではないように思います。

僕は、就職活動という試練を乗り越えた結果、成長するためのチャンスを得たんだと考えています。

来年からの生活は今までになかったことの連続だと思います。人は、新しい経験から学ぶことが多いということを考えると、これはチャンス以外のなにものでもない。

このチャンスを、前向きに捉えるか捉えないかで、恐らく結果も変わってきます。僕は前向きに捕らえたほうが自分にとってプラスだと考えたほうが楽しいので、そう考え続けようと思っています。

だから、僕は4月からの社会人生活が楽しみなのです。

知らないことや分からないことに不安を抱くのは、人間ならば多少なりともあるものです。でも、その不安に対してどのように気持ちをもっていくのかは、今後ということを考えたら、とても重要なことなんじゃないかなって思います。

そんなことを考えた誕生日でした。

ARIGATO for All
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-23 10:41 | ありがとう

2/13~18 ハワイ

だいぶ間が空いてしまいました…

タイトルどおり、今月の13日から18日までハワイに行ってきました。自身、初の海外です。

飛行機の経験は高校時代の沖縄修学旅行と、2006年夏の北海道と2度ありました。しかし、どちらも国内だし、移動は2時間ちょっと。そんなに長いと感じなかった記憶があります。

でも、今回のハワイは8時間くらい。。。本当に長く感じました。エコノミークラス症候群という病気がいつだか話題になりましたが、なってもおかしくないかもしれません。

さて、肝心のハワイですが、とにかく楽しかったです!

今回の旅行はとにかく豪華旅行になりました。ハワイは物価が高いってのもありますが、問題はそこではないのです。

ツアーのオプションの料金です。

イルカウォッチング、ディナークルーズ、マリンスポーツ1日コース、しめて401ドル。。。

日本円にして、約5万円也。

豪華と言っても、そこまでとは予想してなかったので、若干しりごんでしまいましたが、払ってしまったからにはしょうがない。もとを取るべく楽しむしかありません。

それにしてもまぁ、払ってよかったとここまで思えるとは、このときは正直思っていませんでした。

イルカウォッチングでは、イルカと会えるはずのポイントでは会えませんでした。しかし、いっぱい遊んで帰るその途中、まずはクジラに遭遇しました。普通にいたのでびっくりでした。

そして、現地の人でも「I don’t beliebe!」と言ってしまうような場所で、イルカの群に出会うことができたのです。野生のイルカ。

これには本当に感動しました。

他にも、現地の儀式みたいなことをやったり、同行してくれた現地の人のハワイアンダンス(?)を疲労してもらったり、人もすごく温かくて、テンションが高くて、常に笑顔でいられました!「ありがとう」と何度言っても足りないくらい、楽しんできました。

ディナークルーズでは、さすがにおいしいディナーを食べ、クジラに遭遇したり、サンセットを見たりと、ちょっとセレブな体験をしてきました。そして、やはりここでもハワイの現地の人たちは底抜けに明るい!テンションが意味分からないくらい高い!僕らを楽しませよう!という気持ちがすごく伝わってくるサービスでした。そして、その中でも、自分もこの瞬間を最高に楽しもうとしているような感じでした。彼らが本当に楽しそうにしていたからこそ、僕らも心から楽しめたのかもしれません。

そしてマリンスポーツ。めちゃいけの罰ゲームでよく見る、浮き輪に乗ってボートに引きずられる
やつとか、バナナボートではひたすら爆笑!

ウィンドサーフィン体験では、見た目以上に楽しくて、乗れたときは最高に気持ちよかったです!

ジェットスキーはなかなか運転が難しかったけど、スピードも思った以上に出てすごく楽しかったです。

そして、カヌーでは我々愛好会の息の合ったところを現地のスタッフに見せつけ、「記録的な速さ」と言わしめてきました。

とまぁ、他にもこの期間ではいろんなことがあって、本当に笑いが絶えない楽しい卒業旅行にすることが出来ました。

このハワイでは、僕が英語を話せないこともあって、言葉は当然、通じないことがほとんどでした。でも、その瞬間を楽しんでいたり、楽しさを伝えたいというときの表情は共通して「笑顔」。

それだけで、どこか通じ合ったような感覚になれるもので、表情というのは言葉以上に自分の気持ちを伝えるツールなのかなと思いました。笑顔は幸せを与えてくれるし、自分も幸せになることができる。笑顔は笑顔を生んで、言葉が分からなくても、その空間に笑顔の連鎖を創って、同時に幸せの連鎖を創ってくれる。

ハワイの人たちの底抜けの明るさは、毎日を笑顔で生きることでこんなにも楽しくなれるんだということを教えてくれていたような気がします。

遊び、買い物、出会い、学び。色々あった、とても充実した卒業旅行にすることができました!

ARIGATO for All
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-22 09:54 | 徒然日記

2/11 

家族、仲間、一瞬の出会いで終わった人、まだ出会っていない人、そして自然。

僕は、色んな人や自然に支えられているからこそ、毎日を楽しく過ごすことが出来ているんだと改めて気がつきました。こころから、「ありがとう」。そう思います。

ゼミの仲間と行った小旅行で、人の温かさに触れ、自然の偉大さに触れて気がついたことです。

反対に、自分が与えられるものがどれほどのものなのか。

正直言ってわかりません。でも、今の自分にできることを精一杯やっていこうと思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-11 23:33 | ありがとう

2/8 幸せ

 「なんかすごい幸せそうだから、彼女できたんじゃないかと思った」

この言葉は、スノボ旅行に行く前に、学科の先輩とフットサルをしたときに言われた言葉です。

どうやら、僕は相当幸せそうに見えたらしいです(^^)

正直、特に何があるわけではありません(^^;)でも、人からそう見えたということは僕にとっては大きいことでした。

「人は自分を映す鏡である」と、何かしら成功した人は必ずといっていいほど言っています。

自分が笑顔ならば、相手も笑顔であり、不機嫌顔なら、相手は気まずそうな顔をする。

つまり、相手の顔をみれば、自分の今の表情が見えるということ。

今の僕は、顔に表れるくらい、今を楽しんでいるってことです。

「ありがとう」の力。そして、前向きに考えるという思い込みが、今の自分の生活を楽しいものにしているのかなってなんとなく感じています。

今日もサークルの練習に参加してきました。その集合駅に着いたとき、今日の練習について考えていました。その時、愛用のIPodから流れてきた曲はモンパチの「Don’t worry be Happy」。言わずと知れた、サークルのテーマソングです。こんな小さなシンクロ体験で、なんだか楽しくなるものです。

そして、今思いました。

「Don’t worry be Happy」→「心配いらない、幸せになれる」そんなメッセージがこめられている歌。

「自分は強運の持ち主だ」「心配いらない、幸せになれる」こういう前向きな思い込みって、たとえ自分がどんなに追い込まれた状況でも、思えるか思えないかで差が出るような気がします。

この春から僕は社会人になります。全然想像もつかないし、たぶん、自分が思っている以上に精神的にも肉体的にもキツイと感じることはあるでしょう。

でも、僕は「自分は強運だ」「できる、大丈夫」「幸せになれる」と、どんな状況になっても思い込もうと思っています。そっちのほうが、早く切り替えられるし、なにより毎日が楽しい。そしてそして、事実、成功者のメンタリティはこういうもののようです。小さなところとはいえ、実体験もあります。

今の状況を嘆き、落ち込んだり、むかついたりしても、状況は好転しません。だったら、さっさと切り替えて楽しく毎日を送りたいし、成長したい。

社会をなめてるかな?でも、今の僕にはこれが真実。信じていこうと思います♪

社会人になる前の残りの学生生活。とある事情により、自分が思っている以上に楽しむことに決めました(^^)そう思えた僕は、やっぱり強運だし、幸せだと思います☆

「ARIGATO for All」
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-08 23:07 | ありがとう

2/5~6 人生2度目

5~6日の1泊2日で、サークルの友人たちとスノーボード旅行に行ってきました!

一体何年ぶりなんだろうか?4年くらい??

前回は、たしか大学受かってから高校サッカー部の友だちと行った気がします。

その時は、僕以外のみんなは滑れて、僕が初体験でした。ついていかないとヤバイ!という思いと、周りが集団で教えてくれるので、3時間弱で普通に滑れるようになりました。

あれから数年。。前回すぐ出来たから今回も余裕だろっ!!

とか思っていたら、余裕でした(>▽<)

なんてね。まぁ、普通にすべれはしたけど、まだまだうまい人はたくさんいて、かっこいいなぁ…って思うボーダーがたくさんいました。スキーヤーのレベルの高さはそれ以上でしたが(笑)

体の使い方がうまく出来るようになったのか、筋肉痛はほとんどなく、帰ってきた今も疲れはさほどありません。

みんなと行けたっていうのもあって、かなり楽しい旅行になりました!温泉にも浸かったし!

あと、これはいわゆるシンクロ体験ってやつなのか、「ありがとう」って言葉のことを考えていたからなのか、レンタルボードのナンバーが「39」でした!

「39」→「サンキュー」→「ありがとう」

すごくね??

と、一人でひそかに喜んでいました(笑)

さーて、今日帰ってきて、明日はなんとサッカー…

俺、元気だな~(^^)

ARIGATO for All
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-06 22:44 | ありがとう

2/3 タイトル変更

特に事情があるとかじゃないんですが、ブログのタイトルを変更しました!

「ARIGATO for All」

最近になってよく僕の日記に登場する某「元」格闘家の影響を受けまくってます。見る人が見たらすぐ分かりますね(^^;)

ただ、「ありがとう」のもっている力は本当にすごい。

一日に何度も言っていると、心も穏やかになるし、なぜか、本当にありがとうと思えるような幸運に出会えるようになったりする。

「ありがとう」の力を信じて以来、1日に1回は必ずなにかいいことが訪れるようになりました。

見方が変わっただけ。心の持ちようが変わっただけ。そんな風に思う人もいると思います。

でも、そうだとしても、僕は毎日を楽しく過ごせています。その事実が、このありがとうの力を信じるには十分なのです。

不平・不満。ストレス。嫌なこと。言葉は違えどネガティブな言葉。不平・不満を口に出すことはストレスの発散効果があるから、一概に悪いこととは言えません。人間誰しも、そういうことを言いたいときはあるもの。

でも、その前に一言の「ありがとう」。不満の前の「ありがとう」。不満の数以上の「ありがとう」。これも、大事かなって。

不平・不満はやりすぎると憎悪に変わったりするし。

どんなに嫌いだな、苦手だなと思うことや人に対してでも、意外と感謝することはあるもの。

戦争のように、憎しみは憎しみの連鎖を生みます。それならば、同じように小さなことにでも感謝することができれば、感謝の連鎖が起こるはず。それが続けば、世の中も平和になるはず。

僕は、そう信じていたい。


                ARIGATO for All
[PR]
by rebelkeeper | 2007-02-03 21:59 | ありがとう