世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

6/27 対自分

なんだかうまくいかないなぁ…と、ここのところ毎日、家に帰ってきてから、それがなんでなのかを分析している。で、手を変え品を変えやってみているつもりでもどこかで狂ってくる。

そのときは冷静になっているつもりでも、後になって考えてみると、自分のよくなかったところに気がついたりする。それでもどこかで、相手がおかしいと思ってしまう自分もいて、そのときの自分を、もう一度自分の内面に向けるのに苦労したりする。

自分のコミュニケーション能力の低さに自信を失いかけることもあって、エスカレートすると、受け入れたはずのことまで疑わしくなって、また迷う。気持ちが擦れている自分にも気づいている。

ただ、必要なときに必要なことが起こるのはどうやら本当らしく、克服のヒントは日常の中で色々ともらえる。

くだらないプライドを捨ててみると、ほんとにその通りだなって思うことが最近は多い。

今日は、迷いの中でさまよっていたら、以前お世話になった方から電話がきて、いい本があるからと紹介してくれた。今のタイミングで会いに行くには早すぎるけど、何かヒントがもらいたいなって思ってたときだったからとても嬉しかった。

自分に一番足りてないものも、今日はっきりとわかった。本当に意識しないと直せないこと。ただ、努力する価値は計り知れない。

マイナス要因が目立っている最近の自分の中で、ほめてもいいかなと思えるところも何個かあって、それが救いになっている。

マイナス要因に気づけたことと、凹むんじゃなくてそのことを前向きに捉えられていること。昔なら、ダメだなって思うだけだった。

成長はゆっくりだけどしてる。今のこの状況も、自分を変えてみることで何かが変わるはず。それがまた成長につながったりする。

日々勉強。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-27 23:18 | 今日の出来事

6/25 なやみ

悩みは悩みに対する悩みでしかない。

尊敬する須藤元気さんの言葉。なるほどその通りだと思う。

ただ、そうわかりつつ、最近は悩みのループにはまっている自分がいて、自分と向き合う日々が続いている。

よって、一人になりたがる。

会社にいきたくなくなるとかの次元の話ではないから、病気ではありません。精神世界の分野にはまりだしてからは、わりと心も鍛えられたと思う。

だから、それなりに前向き。

これを抜けたら、たぶん僕はまた一つ精神的に成長を遂げられる気もしている。

自分の周りで起こる、都合の悪いことはたぶん何かのメッセージ。周りで起こることをいかに解釈するのかで色々なことが変わってくる。

表面的にはイライラの矛先は他人へは向いていないと思う。

我慢してるから、態度には多少でるけど。

根本的な原因は、自分にある。というか、少なくとも、自分にコントロールできることしか変えられないから、おのずと原因は自分の中から探すことになる。

なんかの因があって、この果が生じている。

なんとなく自分のなかにある黒いものに気がついているので、たぶんこれを直せってことだと思う。

人を判断する人は判断されるし、裁く人は裁かれる。
完璧を目指さない。
大学時代の恩師の言葉。はっきりとは覚えてないけど、「聡明な打算と健全な妥協」だったかな?とにかくそんなようなニュアンスのこと。

色々考えてみると、自分に必要なメッセージと出会いを僕は過去に受け取っているように思う。今のことを中心に考えながら、自分の過去やこれからの出来事、また書物などから何を受け取るか。

壁を突き破る鍵はその中にあるように思う。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-25 21:21 | 徒然日記

6/19 ほんとに徒然

近頃、月が見当たらない…などと思っていました。そうしたら、今日は出ていましたね。かなり久しぶりに出会った気がします。新月だったのかな??

さてさて、今月から始まった実習。初めてのことばかり故に、いろいろと戸惑うことばかり。

パワーポイントであったり、プレゼンの構成だったりってのは、やってみるとその難しさは格段にあがってきます。

パワーポイントに関しては、使いこなすことができる人がグループにいるためあまり困らないんですが、プレゼンの構成力だけは力のなさを痛感します。

普段から論理的に物事を考えていない証拠だなって思います。それなりに読書量はあるんですが、力として吸収できていないこともあります。

こんなことをやってみたらいいよっていう知識はあるので、それらを行動に移すことだなって思います。

ダイエットの本を読んだだけで痩せた人はいないですからね。

知識はあるだけではむしろゴミ。知恵にまで昇華してこそ意味があると思います。

読書もただの読書で終わらせてはいけませんね。著者の経験を疑似体験できるというすばらしいツールなわけですから有効活用したいものです。

読むペースよりも増冊のペースのほうが早い僕の部屋。本を集めることが趣味みたいな状況になっているので、時間を作っていろいろと吸収していきたいです。

もちろん、今行っている実際の体験からも毎日いろんな学びがあります。それらをうまく関連付けたりして理解の助けにしたいもの。

わりと心理学よりの本とか心の構え的な本や、見る人が見たらオカルトな本は実践しやすいし、それによって成果が出ている実感もちらほら。あとは実学系とのバランス。

気分が乗っていないときほど、オカルト(僕は本気で信じているが)な本にはしりがちなので、バランスを意識していこうと思います。

結局、こうして話がずれていくあたり、まだまだ修行が足りないね。まぁ、ブログだからいいかっていう考えが優先するけど(笑)

そういえば、どういうわけか知らないけども、今週のアクセス数が見たことないカウントをたたいてます…嬉しいような、気味がわるいような…昨日は100件越えてました。。なぜ??

まぁ、ポジティブに考えておこうと思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-19 21:36 | 徒然日記

6/18 成長を考える

やっていることの大小にかかわらず、それにより経験は確かに蓄積されていく。

いろんな経験から人は成長するものである。でも、自分のあり方しだいで、経験の質も変わり、それによる成長度も変わってくる。

自分にとって都合の悪いことも、冷静に観察してみると、何かを教えてくれているように思う。

それをただ嫌だな~と思って終わってしまうのか、これは何を教えてくれているんだろう?と考えるのとでは、心の向きが違う分、学びも変わるはずだ。

イライラするのをやめてみる。腹をたてるのをやめてみる。自分を必要以上に責めるのをやめてみる。

それはそれで困難を伴うが、ちょっとでも何かを感じ取ろうとすることで、成長幅は大きくなる。

どちらが自分にとって幸せだろう。

こんな暑い夜に、頭を冷やしてみるのも悪くないね。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-18 21:18 | 徒然日記

6/17 チューニング

僕は、何かと「自然」を感じられるところが好きです。

前世の影響なのか何なのかわかりませんが、なんとなく落ち着くのです。要は、社会から逸脱した環境が好きなわけです。

高野山を訪れたのもそんな思いからでした。寺や森林や海、そして空。これらは同じ3次元の世界でありながら、時間の流れが違います。

普段、社会の中で生きていく中で、本来ならば自分のためにあるはずの時間が、時間のために自分がいるという逆転現象が起きているような気がします。

会社という組織、また大きくは社会の中で生きていくうえで、いた仕方ない部分もあります。これをしなければならない。あれをやらなければならない。などなど…「マスト」が生活のほとんどを占める中、ストレスを感じない方がおかしい気がします。

そんな中で、自然というのは、文字通り「自然」なわけです。寺は、脱社会の極みの思想です。その基本姿勢は自然体であるような気がします。(解釈しだいではありますが…)

最近、会社からの帰りに、空を見上げて星や月を眺めることにはまっています。別に会社が嫌だとかつまらないとかじゃなくて、むしろ楽しめているというほうが正しい。でも、自然の流れに逆い気味なのは事実。だから、その流れをチューニングしなおすために、(少なくとも、そういう気分になるために)月の満ち欠けだったり、星の光を眺めたりしています。

で、今度は、「植物でも育ててみようかな」なんて考えて出勤したら、いつものコンビニで、いつも買っているミネラルウォーターのおまけに「ミニ植木鉢」ってのがついていました。

これぞシンクロニシティだ!と嬉しくなった僕は、毎日1本買い続け、全6種類の植物たちを育てています。続々と芽が出はじめていて、日々大きくなっていくのが嬉しかったりします。

リズムのチューニングと同時に愛情も学べるという特典もついてきました。

いささか根暗なマイブームではあるけれども、すべてのモノが師になるというのは本当だな~なんて、相変わらず能天気な僕であります。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-17 20:19 | ありがとう

6/16 近況

最近、ぜんぜん日記を書いていなかったのは、自分のパソコンがなかったからです。

そして、パソコンを手に入れたのが1ヶ月前。初めてカードを作って、それで分割払い。家で仕事することなんてないだろうと思いつつ、パワーポイントがはじめからインストールされていたので、あと一つというところで、ダイナブック(東芝)を購入。

が、ネットがつながるのが今日まで延びてました。

ようやくネットがつながり、こうして日記が書けるようになりました。モバイルでは書きづらいね。

------------------------------------------------------------------------------------------
さて、最近はというと、まぁほんとにいろんなことがありました。

あんまり元気になれない日も、正直ありました。そういう時は、たいてい周りの雑音が聞こえてきたときに凹んだりするもの。でも、そういうときの自分の気持ちや考えに視点を向けてみると、自分の気持ちが今の出来事に反映されているなってのがよくわかります。

かといって、すぐに気持ちを切り替えることはまだできないんだけども、あんまり周りの雑音を気にしても仕方ないという意味がだんだん体でわかってきたし、一種の気づきは得られたような気がします。

今の現状を受け入れてみた。そしたら見えてきた将来というか、本当はやってみたかったけど周りにはあんまりと言ってなかったというか、自分には無理だと蓋をしていたことに向き合えるようになりました。

向いてるとか向いてないとか、就職活動のときとか分析なんかしましたが、あれが果たして正しかったのか今ではわかりません。

やりたいことに、論理が存在するのか。今までの行動パターンはこうだった。だからこれがやりたい。そういうこともあるだろう。

ただ、はじめの一歩を踏み出せずに、ブレーキを踏んでいただけってこともある。ものごと、変えようと思わない限り何も変わらず、なにごともそういう意思のもとに変わってきたのではないかなと思います。それは「自分」にも当てはまる気がするのです。

やっぱり、あんまりこういう大きな目標は周囲にはっきりと伝えたくはありません。否定されたくないという気持ちもあるけど、なんとなく、タメておきたいんです。バネみたいな効果を信じてるんですね。

まだまだ自分には足りないところばかり。ただ、完璧な人はいないし、成長の余地があるというのは楽しいもの。あせらずに、等身大の自分を見つめて、ベストを尽くすのみ。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-06-16 16:42 | 徒然日記