世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11/27 何気ない一言

謙虚と過小評価。この2つの境目の判断は結構重要だと思う。

僕は、わりと謙虚だと言われるが、僕のそれはなんだか違っていたような気がして、最近言葉と態度に注意をしている。

何かを成し遂げたときや、自分でもがんばったと思ったことで褒めてもらえたとき「そんなことないです」と自分の鼻が伸びるのを戒めるかのように言ってきた。

それが果たして「謙虚」と呼べる姿勢であったか。

むしろそれは失礼な態度ではなかったか。本気で褒めてくれている人は、その人の感性から「すごい」と判断してくれて言葉にしてくれたわけだ。それを本心では喜んでいるとはいえ「そんなことない」と言ってしまうのは「その判断は間違っていて、あんたの感性はどうかしている」といっているのとイコールではないけども限りなく近いのではないか。

日本の文化として、褒められたら「そんなことはない」と謙遜することが美とされている嫌いもあるので、そう返された人はそんなこと考えもしていないだろうけども、暗示しているのはそういうことだ。

この返答は自分を過小評価する暗示をし、相手の感性を否定する暗示性を持っていると思う。

では謙虚とは何か。僕は「素直に受け取って、感謝すること」だと思った。

考えてみれば何もおかしいことではない。「すごいね」と言われたら「笑顔でありがとうと言って、またがんばります」と言えばいいのではないか。これは天狗な態度だろうか。

こう思ってみると、何気ないシーンでネガティブな言葉を発していることに気がつく。

たとえばエレベーター内。

開くボタンを押して、先に出してくれた人に「すいません」と言ってしまうことがある。これ自体、もはや不自然ではないが、「ありがとうございます」のほうがお互いに気持ちいいのではないだろうか。感謝も伝わるし。

少なくとも、相手を不快にすることはあるまい。

そう思ったので、最近意識しているこの何気ない一言。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-27 21:52 | ありがとう
このブログを書き始めたきっかけは、「日本一」というタイトル奪取までの過程を綴るためでした。

自分たちの代では、惜しくもそれを逃し、悔し涙を流しました。あの瞬間のことは今でもはっきりと覚えています。リーグ戦を通じて喫した失点の形も、全部脳裏に焼きついています。

あれから、早くも2年がたちました。

僕の中で色あせることのない思い出。ひたむきに、ただ日本一になるために突っ走ったあの1年は多くの学びを僕に与えてくれ、そして、その高いここ志を引き継いでくれた後輩たちが、今日、ついにやってくれました。

リーグ戦、制覇。

2週間後、彼らは大阪で、日本一決定戦に臨みます。

今日も、応援に行きましたが、本当に強かった。勝利する以外に優勝の可能性が残っていない、最大級のプレッシャーがのしかかる中、自分たちのできることを最大限に出し切っていました。

終わってみれば3-0の圧勝で見事に関東を制覇してくれました。

自分たちの代が勧誘した代がこうして優勝をしてくれたことが本当に嬉しい。すばらしいチームでした。

この勢いで、彼らはきっとやってくれるはず。

彼らは日本一になってくれます。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-24 23:54 | ありがとう

11/21 朝

だんだんと、起きる時間が遅くなってきています。

自分に負けていることと、冬に突入して朝がものすごく寒くなったことが原因とみてまず間違いありません。

朝が寒いなんて、凍死するかしないかぎりぎりの北海道酪農留学中の友人には「甘い!」と一喝されるのではないかと思いつつも、寒いのが苦手な僕としては布団の中はなかなか出にくいのである。

夏の暑さを感じているときには布団なんてかけたくもないのに、冬になるととたんに布団はさながら恋人となる。なんとも人を気まぐれにさせる日本の季節の変わりようったらありませんが、その四季がなかったらなかったでまた寂しいものなんでしょうね。

これまでの話題とまったく話は変わりますが、ここのところ電車で気になる広告が。

「学校教師学科」だったかな?とにかく全寮制で教師を育てようという大学ができたらしい。

教育学科の中でも教師養成系の学科を出た僕としては、ちょっと見逃せない広告。

そして、思う。「今の俺なら、絶対に行かない」と。大学1年までの僕なら、まだ違ったかもしれないけども。何しろ全寮制というのが激しく引っかかる。

ただでさえ、お世辞にも広いとはいえないコミュニティで教師を目指す人と朝から同じ授業ばっかりなのに、枕までともにするとは…

違う世界も見たほうがいいと、若輩者ではあるけれども、そう思わずにはいられない。

少なくともなんでもいいからサークルには入っとけと、そうアドバイスは差し上げたい。何事にも客観的な視点で見るということは必要なものである。

というか、まずはそういう自分の肝に銘じておきたい。

井の中の蛙にだけはなってはならない。狭き日本の中でも、世界は広いものだなと常々思います。しかし、それもまた広めの井戸の中というだけで世界はさらに途方もなく広く、色々な文化なり、考え方なりがあるんだろう。

いろんな経験をつんでいきたいものだな~と、僕に思わせてくれる広告に感謝です。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-21 23:07 | 今日の出来事

11/19 ランナー

スポーツの中で唯一嫌いなこと。

それがマラソン。

というか、基本的に走るだけの有酸素運動が苦手です。
昔から、キーパーであることを言い訳に、チーム内でも後ろから何番とかばっかりでした。

ただ、一つ断っておきますと、キーパーというポジションが基本的に無酸素的な要素が強いことは確かです。しかし、たとえば高校で、全国に出るような強いチームのキーパーは長距離走ではチーム内でも上から数えたほうが早いそうです。そして、日本代表でも、川口選手はクーパー走という、いわゆる12分間走があるのですが、かなりの距離を走るそうです。

つまり、「キーパー=長距離が苦手」という式は、必ずしも成立する方程式ではありません。

今日、会社では恒例らしい、新人マラソンが行われました。

社会人になってまでなぜ…という想いを抱えつつも、業務の一環なので走らざるを得ませんでした。

そして、いざ走ってみると、やはりというか、案の定、体は重いし心肺は極限にまで追い込まれました。

そして、意味のわからないことに、コースには階段が。あれで同期の誰もが体力を削られていきました。

結局、全体で4位。同期の中では2位という過去最高の順位でしたが、タイムは振るわず。思った以上に走れない自分の体力の衰えに愕然、そして、いざ嫌いなマラソンでも負けてみると悔しいと思ってしまう自分がいたりします。

どうやら、体育会気質は変わらないようです。

さて、このマラソンには実はその後があります。僕の会社はメーカー特有なのかなんなのか知りませんが、会社全体での駅伝大会なるものがあります。

僕の事業部は毎年安定した弱小ぶりを誇っているそうです。

それもそのはず。結局僕が代表候補に入ってしまうのだから。。。

これは自慢でもなんでもありません。タイムは本当にやばかったのですから。運動選手のそれとは思えないほどに。そんな僕よりもほかの同期がさらにやばかっただけのこと。

さすがにそこまでやりたくない。正直にそう思います。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-19 21:25 | 今日の出来事

11/16 悩み

凹むことも、悲しいことも、嫌なことも、1週間仕事してれば当然出てくるもの。反省しきりの毎日だし、悩むことも決してないわけではありません。

今日、とある同期がすごく悩んでいて、先日、ついに過呼吸で救急車だったそうです。

話を聞いてみると、仕事・プライベートともに色々重なり、はけ口も見つからずに溜め込んだ結果、過呼吸になったそうです。症状が出た瞬間に「ストレスが原因だ」って思ったそうです。

本人もまさかそこまでストレスがたまっているとは思っていなかったようです。でも、体は素直に反応したようです。

毎日の中にいいことがないわけではない。でも、どうしてもマイナスなことに目がいくし、ちょっとのプラスな出来事が起きたとしても、次を求めるからそれが訪れないと苦しくなる。もう無限ループですよね。

本人曰く「どうやったら悩まなくていいか悩む」

う~ん…

確かにネガティブなことってどうしても強く現れるし、大きく見える。自分が勝手に大きくしているだけなんだけど、それを許してしまうところは誰にでもあることだと思う。

正直なところ、「どうやったら」という方法は僕にはわかりません。

ただ、毎日の小さなよかったことやできたことを100点と捉え、喜んだり褒めたりすることはできると思うし、少なくともそう努力することは大切だと思っています。だから、僕は愚痴を減らしても、ストレスを発散することができていると思うのです。

でも、悩みって、結局は成長したいと思っているからこそ出てくるとも思うのです。そうでなければそのことに苦しむことなどないはずですからね。

死なない程度に悩むことは、自分のあり方を見つめる上で大切なことかもしれないなとも、同期を見ていて思いました。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-17 00:34 | 徒然日記

11/12 あり方

「幸せなことが起こったから幸せになるんじゃなくて、幸せだったから幸せなことがおきたんだ」

こんな言葉を聞いたことはあるでしょうか。最近になってようやく、このことの意味がわかってきました。

結局、どんなチャンスがきても、いいことがおきてもそれに気がつく自分がいなければそれは意味を失います。でも、それに気がつく自分がいたならば、それはチャンスとなり、幸せとなります。

ただの言い換えみたいな感じなってますが、僕の中では不思議と納得感があります。

結局、自分のあり方しだいで、目の前の出来事の解釈は変わります。
紙に表と裏があるように、物事にもそれはあると思います。

どっちをみるかで、それに対するアプローチは変わってくるはずです。

だから、自分のあり方がアプローチを生み出す。自分のありたい姿になった自分から出たアプローチなら、結果は自ずと良くなる。

何言ってるかわからないと思いますが、さっきもいったように、僕には納得できています。

完全にひとりごとですけど、ブログなんてそんなものですよね。
[PR]
by rebelkeeper | 2007-11-13 21:48 | 徒然日記