世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3/19 1年目

就職してからというもの、壁にぶつかったり、葛藤を抱えたりとネガティブになりそうになることや、実際になったことも少なからずあります。

ただ、それでも、なるべくネガティブな感情を会社では表に出さない努力をしてみたり、小さなできごとや、小さな成長に目をむけ、毎日の中に必ずあるポジティブな側面を意識して探す努力もしてきました。

そんな一年が、早くも終わろうとしています。

今年一年の自分をたな卸ししてみると、できないことのほうがはるかに多いんだけど、出来ることを積み上げてきた自分もまたいるわけで、そんなことの積み重ねが、成長を複利的にもしてくれるんだろうと信じる僕は、2年目、いや、これからずっとそのスタンスを貫いていこうと思うのです。

何ごとにも、自分の中に確固たる根拠をもち、ぶれない自分でありたい。そう思います。

矛盾するようですが、そのために自分の中にも変えていかなければならないものもあります。環境を変えるつもりはまだないけども、取り入れるものは取り入れ、切るものは毅然とした態度で切らなければならない。

自分にとって邪魔になると思ってしまったものがあって、こんなことを思うようになりました。

寂しい気持ちをあるけど、ことあるごとに僕を引きずりおろそうとしてくる。

そこでぶれてしまう自分がとても悔しいのだけど、まだそこまでの強さは持ち合わせていません。

突然、いろんなものを変革していこうと決意しました。今回は行動にもうつして、習慣化できるものはしようと思います。人は変われないという人がいますが、僕はそんなの信じません。絶対に変われるはずです。変われないという人はたいてい変えるための努力をしていない。そんな言葉にもうだまされない。

あくなき向上心と雑草魂をもって、2年目に飛躍を誓うのでした。
[PR]
by rebelkeeper | 2008-03-19 23:43 | 徒然日記
今日は、僕が今年に入ってから勉強させてもらっている先生のブログで、とても考えさせられた文章があったので、それをご紹介しようと思います。

タイトルは『いい人』

自分ではよく使う言葉だし、言われることも割と多い言葉です。ただし、なんとなく違和感を感じて使っていたし、言われていた言葉でした。その答えが先生のブログにはあった気がします。

-----------以下、引用です-------------------------------------------------------------------

誰かが、「あの人はとっても『いい人』だ」と言っているのを聞くことがあります。ホメるのはいいことだし、少なくとも、誰かの悪口を聞かされるよりは気持ちいいことには違いありません。

ですけれども、それじゃあ、どんなふうにいい人なのだろうと思って聞いていると、結局のところ、「私にこういうことをしてくれたから」というのが、その理由だったりします。

気をつけて聞いてみてください。たいていの場合はそうです。

あの人は寛容だ。私を許してくれたから。
あの人は情熱的だ。私に熱く語ってくれるから。
あの人は温かい人だ。私に優しくしてくれるから。
あの人はかけがえのない人だ。私を愛してくれるから。
……

たとえば、「このおせんべいは硬い」と言うときには、まあ、硬さは比較の問題だとしても、それでもその言葉は「そのおせんべいそのものについて」語っていると言ってもいいでしょう。ところが、「あの人はいい人だ」と言うとき、その人のことを語っているのではなくて、「私はあの人にこういうことをしてもらった」という、つまり、「大事にしてもらった自分のこと」を言っているに過ぎないことがほとんどです。

だから、その「いい人」が、自分にとって都合の悪い態度をとったときには、とたんに「悪い人」に変わってしまうはずなのですね。たいていの人の言う「いい人」という評価なんて、そんな節操のないものなんですね。

でも、何かを評価するということは、自分の好き嫌いを抑えるということと同義だと言えるかも知れません。これは大変なことです。

ボクだって、なかなかそういうことはできないです。

だから、自分にとって都合の悪い人、自分と利害や価値観の一致しない人であっても、その人の正当に評価できる部分については、客観的にホメることができる。そういう人は、自分の好き嫌いを越えているわけです。

そういう人は、本当にスゴイですよね。

----------------------------------------------------------------------------------------------
いい人という言葉を使うとき、自分はどういう場面で、何を思って使っていただろう。
あの時、いい人と言ってくれた人は本当は何を思っていたのだろう。

まず、そんなことを考えました。

これまで発せられた全ての「いい人」という言葉が、先生の言う「私にこうしてくれたから…」という理由ではないし、言われたことに対して疑り深くなる必要なんてないと思う。

でも、「私にこうしてくれたから…」という理由で「いい人」と使った経験がないかというと、答えは「否」になる。

自分には時として害悪になりえる相手の中に、その人の良さを認め、それを表現することは難しい。どうしても主観が混じりがちになる。

それでも、いいものはいいと、認めるだけの強さを持っている人は、先生の言うように確かにすごい人だ。そして、僕はそういう人でありたいと思ったのでした。

まだまだ修行が足りませんな。
[PR]
by rebelkeeper | 2008-03-12 22:21 | 徒然日記