世界が「感謝」の気持ちでつながるように…


by rebelkeeper
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5/30 自らに問う

いろいろと、やる気を削がれそうになることの多い毎日の仕事ですが、次のステージを見据えて、そして今の仕事をちょっとでも向上できるように努力するのも決して悪いものではありません。

誰に認められるわけでも、評価されるわけでもない。そのことでひがみっぽくなるたびに自分に問いかけてみる。

「いったい誰のための努力なんだ?」

仕事でもそうだけど、会社の人たちのためとはいえ、自分の努力に見返りを期待するのは筋違い。少なかろうがお金はもらっているわけだし、その中でできることを精いっぱいやって、そうして稼いだお金で自分に投資して自分を磨いているのは、究極的には誰のためでもない自分のため。そして、そうして磨いた自分の力をまた会社の人たちのために役立てていく。仕事がら、誰も認めてくれないし評価もしてくれない。だけど、そのたびに問いかけるんだ。「誰のための努力なんだ?」って。

例外があるとすれば、自分だけは自分という人間を最大限に認めて評価してあげたい。

誰かに認められたい、評価されたい。そのことばっかり考えていると、他人や環境に問題の原因を見出しがちになる。でも、問題は自分の中にしかない。

課題は自分の課題であって、誰かのせいでも、環境のせいでもない。

自らが高みへ上るための課題。一つ一つ、自分の手で解決していく以外に道はないんだね。
[PR]
by rebelkeeper | 2008-05-30 23:28 | 徒然日記
最近の自分は、ちょっとよろしくない。

仕事に取り組む姿勢しかり、じゃっかん愚痴っぽくなってるとこしかり。

プロフェッショナルとしての態度とはほど遠い自分に、なにやってんだ俺と気持ちを入れては萎え、入れては萎えの繰り返し。

疲れているところ、イライラしているところ、悩んでいるところ、そういうのは、およそ人に見せるものではないと思っている。まして、愚痴など軽蔑の最たるもの。自らの判断を呪い、自らの価値を下げてしまう。

努力を評価してもらおうとするな。誰のための努力か。
八つ当たりするな。誰がなにを言おうとも、それは自らの課題であるはずだ。
人のせいにするな。判断し、行動しているのは全部自分なんだ。

人にえらそうなことを言う前に、自らをかえりみよ。その言葉に魂は宿っているか。覚悟は示されているか。

言葉をけがすな。

自分に解決できない課題など与えられない。解決できるからこそ、それがあるはずだ。
思考を止めるな。悩め。もがけ。絶対に逃げるな。
[PR]
by rebelkeeper | 2008-05-22 22:17 | 徒然日記